あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

ホワイトハウスは、米国でのTikTok禁止につながる可能性のある法案の採決に向け、米上院に迅速に動いてもらおうと努力している。ABC Newsとの新しいインタビューで、ホワイトハウスのJohn Kirby国家安全保障通信顧問は、「……我々は上院がこの件に関して迅速に動くよう強く要請する」と述べた。

この法案は、正式には「外国敵対者管理アプリケーションからアメリカ人を保護する法律」と呼ばれ、下院本会議で352対65で承認された。今のところ、この法案が上院本会議で採決されるかどうかについては不明である。上院を通過した場合、法案はJoe Biden大統領に送られるが、Biden大統領はすでに署名する意向を示している

これが実現した場合、米国はTikTokの親会社であるByteDance社に対し、法律が成立してから165日後にソーシャルネットワークの権益を売却するよう要求することになる。もしByteDanceがそれを行わなかった場合、TikTokはアメリカのアプリストアから禁止される可能性がある。

今日のABC NewsとのインタビューでKirby報道官は、ホワイトハウスはTikTokを禁止したくないと述べ、”経済生活がTikTokに依存している人々が大勢いることは理解している”と付け加えた。しかし、Kirby氏はこう付け加えた:

我々は、すべてのアメリカ人が懸念すべきことであるように、データ・セキュリティや、ByteDanceや中国共産党がアメリカ人のアプリケーション使用から得られる情報を使って何ができるかを懸念しているため、この中国企業からの分離を望んでいる。

ByteDance社は、TikTokのデータを中国政府に送ることはないと繰り返し述べている。

Activision Blizzardの元CEOであるBobby Kotick氏は、ByteDanceからTikTokを買収するために、いくつかのパートナーを集めようとしていると報じられている。Steven Mnuchin元米財務長官が率いる別のグループも、同じことをしようとしている可能性がある。しかし、金融アナリストの間では、中国政府がこのような売却を許可するかどうかかなり疑問視されている。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする