あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Appleが、中国の百度(Baidu)と、Baiduが開発し提供している大規模言語モデル「ERNIE」を中国市場向けのiPhoneに搭載する方向で協議を進めていることが、The Wall Street Journal紙によって報じられている。

Appleはすでに、GoogleやOpenAIの技術をiPhone等に使用することについて協議している可能性が報じられていたが、これら米国企業のモデルは、中国の厳格で厳しいコンプライアンス要件によって中国国内では利用できない。中国当局は昨年、政府の方針との整合性を確認するため、公開前のAIモデルの規制審査を義務付ける規制を実施した2023年初頭に発表されたErnieは、ChatGPTのようなモデルで、習近平国家主席に関するような敏感な政治的クエリへの応答における自己検閲を特徴としている。

こうした動きの先例として、Samsungの最新のGalaxyスマートフォンは、中国国外ではGoogle Geminiを、中国ではERNIEを一部の生成AI機能に使用している。Appleもこれにならい、中国国内でiPhoneにAI機能を搭載するため、よりローカルなパートナーシップを結ぶという安全な選択肢をとっているのかも知れない。

Appleはすでに、現地の顧客データ保管に関する法律を遵守するため、中国の政府系パートナーが運営するクラウドにデータを保管している。

ちなみに、中国向けiPhoneのデフォルト検索エンジンはGoogleではなくBaiduに設定されているため、今回のAIモデルを中国国内向けにBaiduのものに設定するという動きは想定された動きと言える。AppleがAlibaba等の他のプロバイダと協議を行っているかは不明だ。

米国と中国の関係はここ数年で悪化しており、Appleは中国国内でのiPhone販売が減速しているが、依然としてこの巨大な市場は同社に取って魅力的なものであり、そこでのシェアを拡大するためにも“郷に入っては郷に従う”のが最善の策なのだ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする