あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Appleは公式に発表していないが、Macworldが報じているところでは、最近のiOS 17.4のアップデートで、これまでiPhone 12がMagSafeには非対応Qi 2充電器で15W充電に対応した事が明らかになった。

AppleはiPhone 12シリーズでMagSafeワイヤレス充電を導入した。MagSafeのiPhoneは最大15Wのワイヤレス充電速度をサポートしているが、MagSafe認証のないワイヤレス充電器を使用すると、以前は充電速度がかなり遅い7.5Wに制限されていた。

しかしMacworldのテストによると、MagSafe非対応のQi2充電器にマグネットで取り付けた場合、iOS 17.4で動作するiPhone 12シリーズはApple認定のMagSafe充電器のスピードに匹敵し、特徴的な15Wの充電アニメーションも表示されたという。

MagSafeを元に開発されたQi2充電規格は、iPhone 15シリーズが初めて正式にサポートした。AppleはiOS 17.2アップデートでこのサポートをiPhone 13と14シリーズにも拡大した。注目すべきは、15Wのワイヤレス充電速度の向上は、標準モデルのiPhone 12とiPhone 12 Proにのみ適用されるということだ。iPhone 12 Mini(およびiPhone 13 Mini)のワイヤレス充電の上限は12Wだ。

ワイヤレス充電規格Qiの後継規格であるQi2は、より優れた効率を提供し、MagSafe技術にヒントを得た磁気アライメントを組み込んでいる。Appleは、ワイヤレスパワーコンソーシアム(WPC)とMagSafeの仕様を共有し、その開発において重要な役割を果たした。だが現時点では、Galaxy S24 UltraやOnePlus 12のような最新のAndroidフラッグシップ機でさえ、Qi2充電をサポートしていない。

興味深いことに、AppleはiOS 17.4のリリースノートに、iPhone 12とQi2充電器の互換性に関するこの変更を記載していない。だがここで不可解なのは、アクセサリーメーカーが提供する情報が矛盾していることだ。

AppleのパートナーであるBelkinは、iPhone 12はQi2に対応していると断言している。しかしAnkerは、自社のQi2製品の一部にiPhone 12を対応デバイスとして含め、他の製品からは除外するなど、一貫していない。Appleが近いうちに、iPhone 12とQi2充電器の互換性についてより明確にしてくれることが望まれる。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする