Baidu、GPT-4に匹敵すると主張するAIモデル「Ernie 4.0」を発表

masapoco
投稿日
2023年10月17日 18:23
baidu logo

中国のテクノロジー企業であるBaiduは、新しい人工知能(AI)モデル「Ernie 4.0」を発表した。このモデルは、米国のOpenAIが開発したChatGPT-4に匹敵するレベルを持つと、Baiduは主張している。BaiduのCEOであるRobin Li氏は、北京で開催された同社の世界会議でErnie 4.0を披露し、このボットは複雑な質問や指示を理解し、推論と論理を用いてアルゴリズムによって質問に答えることができると述べた。Li氏は、Ernie 4.0はGPT-4に劣る面はなく、元々のErnie Botモデルに比べて「大幅に改善された」とも指摘している。

ライブデモンストレーションでは、Li氏はErnie 4.0に広告素材やマーケティングビデオ、さらには個々のキャラクターが持つ多様な性格を含む武道小説を生成するように依頼し、それが数分で完成した。Baiduは、OpenAIのChatGPTが昨年世界中で話題となった後、AIモデルを作成するために競争している中国企業の中で先頭を走っている。北京政府は、2030年までに世界のリーダーとなることを目指して、AIを重要な成長産業と見なしている。

ただし中国は最近、生成型AI産業を規制する動きを見せており、これにより中国企業は製品を一般に公開する前にセキュリティレビューを行い、承認を得る必要がある。また、このようなAIサービスを提供する企業は、政府からの技術やデータに関する要求にも準拠しなければならない。一方で、米国にはこのような規制は存在しない。

Baiduはもともと検索エンジン企業であり、過去10年間で自動運転や生成型AIなどの人工知能技術に大きな投資をしてきた。同社は今年3月にErnie Botを導入し、8月には一般に公開した。Ernie 4.0はまだ一般には公開されていないが、一部の人々には試用が許可されている。Li氏によれば、Baiduは今後、AI技術を検索エンジンや地図、クラウドドライブサービス、さらにはエンタープライズ向けのビジネスインテリジェンスオファリングに組み込む予定であるが、具体的な時期は明らかにされていない。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Claude2 Blog V1 1
    次の記事

    ChatGPTのライバル「Claude 2」が日本からも利用可能に

    2023年10月17日 18:38
  • 前の記事

    原子1個レベルから物体を創造できる可能性に繋がる画期的な発見

    2023年10月17日 17:58
    laser light
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事