あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

ストレージ企業のWestern Digitalは、フラッシュメモリー事業を分離し、第二の上場会社にすると発表した。これにより、Western Digitalは結局Kioxiaとの合併を見送ることになり、この件に関する長年の憶測や噂に一旦は終止符が打たれた形だ。

遡ること2021年半ばには、Western Digitalが日本のKioxia(旧東芝メモリ)と合併するために協議を進めているという噂が流れた。両社は2年以上かけて詳細を詰めようとしていた。今月に入り、この取引は大詰めを迎えているように見えたが、土壇場になって、Kioxiaの投資家であるSK hynixが、同社への投資価値に影響を与える可能性があるため、この取引を支持しないと発表した。

これを受け、Western Digitalは、取締役会がフラッシュメモリー事業を分離する計画を承認したと発表した。この動きにより、独立した2つの上場企業が誕生し、それぞれの強みと機会をより生かすことができるようになるとのことだ。

プレスリリースの中で、Western Digitalは次のように述べている:

Western Digitalは、包括的な選択肢を十分に評価した上で戦略的検討を完了した結果、その価値を最大限に実現するためには、フラッシュ事業を分離することが現時点での最善かつ実行可能な選択肢であると判断しました。そのため、独立分離戦略を実施する現在のタイミングは、業界の状況が改善する中で株主価値を創造する取り組みにおいて有利であると考えています。

このニュースを受けて、Western Digitalの株価は午前中の取引で7%以上上昇している。

Western Digital CEOのDavid Goeckeler氏は、将来的な合併の可能性を完全に否定したわけではなく、”当社のHDDとフラッシュ両方の投資と資産における更なる価値を引き出す”戦略的な機会に対してオープンであり続けると述べた。

Western Digitalは、2016年に完了したSanDiskの190億ドルでの買収で、フラッシュメモリに全面参入した。その数年後、パンデミックがサプライチェーンを揺るがし、それ以来需要は低迷し、市場は在庫過多となった。大幅な値下げが功を奏したが、回復は遅れている。

スピンオフは2024年後半までに完了する予定である。

Western Digitalは本日発表した2024年度第1四半期決算報告で、売上高は前年同期比で26%減少したが、前四半期比では3%増加したと述べた。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする