SK hynix、GTCにおいて最大40Gb/秒となるGDDR7メモリを展示

masapoco
投稿日
2024年3月21日 18:45
nvidia gtc24 skhynix gddr7

Samsungは、NVIDIA GTCにおいて、次世代ゲーミングGPU向けGDDR7の28Gbps及び32Gbpsメモリモジュールを披露したが、SK hynixは更に高速なモジュールを披露し、開発が一歩先を進んでいることを示している。

同じくGTC 2024の会場においてSK hynixは最大40Gbpsのピン速度でモジュールあたり最大160GB/秒の帯域幅を提供するGDDR7メモリモジュールを展示した。

GDDR7規格のベースライン速度は32Gbpsで、モジュールあたりの帯域幅は128GB/秒となるため、GDDR7の将来のバリエーションでは帯域幅が25%向上することになる。

さらに、このメモリはさまざまな容量で提供され、現在、最大24GBまでリストアップされているが、基本は16GBに設定されている。16Gbモジュールでは2GBのVRAM容量、24Gbでは3GBのVRAM容量となる。これにより、AMDやNVIDIAがなどは同じ数のメモリチップを維持しつつ、全く新しい構成を導入できるようになる。

現時点では、NVIDIAの次世代GPU RTX 50シリーズがGDDR7メモリを搭載した最初の物になるとみられている。これらは初期の製品では28Gbpsのメモリ速度になると伝えられており、その先で32Gbpsの速度を実現すると考えられる。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Appleストアに掲げられたAppleのロゴマーク画像
    次の記事

    Apple、米国司法省から“広範”な独占禁止法違反で提訴される

    2024年3月22日 6:31
  • 前の記事

    Samsung、NVIDIA GTCで32Gb/秒GDDR7メモリ・モジュールを披露

    2024年3月21日 18:36
    GDDR7 DRAM PR main1
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Intel glass substrate 5

    Appleがガラスコア基板の採用に向けて協議を進めている

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • sibelco spruce pine

    世界の半導体は米国のたった1カ所の鉱山に支えられている

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

  • SK hynix Begins Mass Production of Industrys First HBM3E 2

    SK hynix、40億ドルという世界最大級のメモリパッケージング施設を米インディアナ州に建設の計画

今読まれている記事