筋膜:私たちの身体で最も軽視されている部分が、ようやく注目され始めた

masapoco
投稿日
2024年1月2日 5:02
AdobeStock 510477681

運動がいかに骨や筋肉の健康に役立つのか、あるいは脂肪を減らすのか、私たちは常に思い知らされている。しかし、見落とされがちな解剖学的要素のひとつである筋膜への関心も高まっている。

筋膜とは、主にコラーゲンでできた薄い結合組織のことで、ロープのような構造をしており、身体の多くの部位に強度と保護を与えている。筋膜は、あらゆる臓器、血管、骨、神経線維、筋肉を取り囲み、所定の位置に固定している。そして科学者たちは、筋肉と骨の健康におけるコラーゲンの重要性をますます認識している。

体内で筋膜を見ることは難しいが、ステーキを見れば筋膜がどのようなものかを知ることができる。肉の表面や層と層の間にある白く細い筋がそうだ。

筋膜は体内で一般的な働きと特殊な働きをし、いくつかの形で配置されている。最も表面に近いのは表層筋膜で、皮膚の下、脂肪の層の間にある。そして、筋肉、骨、血管を覆う深筋膜がある。

筋膜、筋肉、骨の健康と機能との関連は、筋膜が筋細胞の収縮を補助して力を発生させたり、筋の硬さに影響を与えたりすることで、筋肉の働きを助ける重要な役割を担っていることを示す最近の研究によって補完されている。

それぞれの筋肉は筋膜に包まれている。これらの層は、隣同士、あるいは重なり合った筋肉が、互いの機能に影響を与えることなく自由に動くことを可能にする重要なものである。

筋膜はまた、筋骨格系を介した力の伝達を助ける役割も果たしている。例えば足首では、アキレス腱が足底筋膜に力を伝える。このように、アキレス腱を通して垂直に下に移動した力は、動くときに水平に足の裏、つまり足底筋膜に伝わる。

同様の力の伝達は、胸の筋肉から前腕の筋肉群へも見られる。身体の他の部位にも、同じような筋膜の結合連鎖がある。

筋膜が損傷すると

筋膜が適切に機能しなくなると、例えば怪我をした後などは、層が互いの動きを促進したり、力の伝達を助けたりすることができなくなる。筋膜の損傷は修復に長い時間を要するが、これはおそらく筋膜が腱と類似した細胞(線維芽細胞)を持ち、血液供給が限られているためである。

近年、筋膜、特に表面に近い層には、皮膚に次いで2番目に多くの神経が存在することが明らかになっている。筋肉の筋膜は、手術による痛みから、スポーツや運動、加齢による筋骨格系の損傷にも関係している。筋骨格系の痛みを持つ人の30%に筋膜が関与しているか、筋膜が原因である可能性がある。

1980年代にイタリアの理学療法士Luigi Steccoによって開発された筋膜マニピュレーションと呼ばれるマッサージは、膝蓋腱症(膝頭下の腱の痛み)の痛みを短期的にも長期的にも改善することが示されている。

また、筋膜マニピュレーションは慢性的な肩の痛みに対しても良い結果を示している。

筋骨格系の傷害を治療するためのトレンドのひとつに、プロスポーツでよく使用されるキネシオテープがある。キネシオテープは筋膜の機能を補うために使用され、筋膜の関与が要因となる慢性腰痛の治療にも用いられている。

疾患における筋膜

筋膜は傷つくだけでなく、感染症の通り道にもなる。

筋膜層と筋膜層の間は通常閉じているが(折り畳まれたフィルムを想像してほしい)、感染症が起こると、細菌が層間に広がる可能性がある。これは、筋膜が何層にも重なっている頸部で特に問題となる。

重症の場合は、死んだ組織を取り除き、残った健康な組織を保存するために手術が必要になることが多い。

筋膜が健康な状態で機能している主な例と、その機能不全がもたらす可能性のある問題は、一般的な症状である足底筋膜炎に見られる。

この驚くほど一般的な疾患は、5~7%の人が罹患し、アスリートでは22%に上る。足底筋膜炎は、アーチをサポートする足の裏の筋膜バンドが肥厚することによる使い過ぎによる傷害として認識されている。

筋膜はまた、壊死性筋膜炎など、より深刻な健康状態にも関与することがある。壊死性筋膜炎は、まれではあるが深刻な細菌性疾患で、急速に全身に広がり、死に至ることもある。

この症状は、ほとんどの場合、細菌、特にA群連鎖球菌または黄色ブドウ球菌によって引き起こされる。最初の感染は切り傷やひっかき傷から起こり、その後、細菌は筋膜に沿って、最初に感染した部位から離れた他の部位に移動し、身体の暖かい凹部によって与えられる理想的な環境で増殖する。

筋膜がよく見えるようになった

筋膜が健康や疾患において見落とされてきた理由のひとつは、現在の画像技術では見ることが難しかったからだ。しかし近年、MRIや超音波画像は、特に足底筋膜炎のような筋骨格系の疾患や、肩や首の筋膜の病理学的変化において、筋膜を可視化するのに有益であることが示されている。

筋膜への関心が高まり、筋骨格系の健康への貢献が理解されつつある今、筋骨格系の他の部位と同じように、筋膜を使用することでケアすることを提案するのは賢明なことである。フォームローラーやストレッチングのようなシンプルなテクニックは、可動性を高めるのに有効だが、筋膜とそれが日々の健康に果たす役割については、まだまだ学ぶべきことがたくさんある。


本記事は、Adam Taylor氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Fascia: the most neglected part of our body is finally starting to receive attention」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • x twitter
    次の記事

    XのAPI制限を受けて災害情報アカウントが投稿できなくなっている

    2024年1月2日 6:27
  • 前の記事

    「頭がおかしい」と言われたがApple Watchを特許侵害で訴えたMasimo、既に1億ドルを費やしたが勝算はあり

    2024年1月1日 18:04
    apple Watch sensor
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • oura ring

    スマートリングの超精密動作トラッキングがウェアラブル技術を次のレベルに押し上げる

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • laziness office work

    座りっぱなしは健康に悪く、運動しても有害な影響を相殺することはできないらしい

  • granola

    筋肉をつけたい?炭水化物がタンパク質と同じくらい重要な理由

  • broccoli

    ブロッコリーに含まれる天然成分が血栓の予防や治療に役立つ可能性が判明

今読まれている記事