あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

パンチングバッグをたたく、ジョギングをする、サイクリングをするなど、怒りをコントロールするために一般的に推奨されているいくつかの方法は、人々が冷静になるのに有効ではない。これが、生理的興奮を増加させる活動と減少させる活動が、怒りや攻撃性にどのような影響を与えるかを調べた154の研究の新しいレビューの重要な要点である。

覚醒とは、私たちのような研究者が、ある人がどれほど注意深く、活力に満ちているかを表現する方法である。生理的覚醒が高い状態にあると、心拍数、血圧、呼吸数、汗腺の活動による皮膚コンダクタンスが上昇する。怒りは高い生理的覚醒に関連する否定的感情である。

私たちの研究では、覚醒レベルに影響を与える活動が、怒りと攻撃性に大きな影響を与えることがわかった。

深呼吸、筋弛緩、ヨガ、瞑想、マインドフルネスなど、覚醒を低下させる活動を行うことで、怒りの感情や攻撃的な衝動をコントロール、つまり「断つ」ことができる。

重要なことは、複数の研究からの参加者のメタ分析により、覚醒を低下させる活動は、実験室や実世界の状況、オフラインとオンラインの両方、グループセッションと個人セッションの両方など、多様な場面で有効であることがわかったことである。

さらに、覚醒を低下させる活動は、学生・非学生、犯罪者・非犯罪者、障害のある人・ない人、性別・人種・年齢・国など様々な参加者に有効であった。

これとは対照的に、怒りをコントロールするために利用される活動の中には、興奮を高め、怒りや攻撃性のレベルを高めるものもある。ストレス解消のための活動として人気のあるジョギングは、我々が調べた研究では実際に怒りを増大させた。ジョギングの反復的な性質が、単調さやフラストレーションの感情を誘発し、怒りを和らげるどころか悪化させる可能性がある。逆に、ボールスポーツや体育の授業に参加すると、怒りが減少した。おそらく、これらはポジティブな感情を呼び起こす遊び心のある集団活動だからだろう。

同様に、怒りを爆発させると、怒りや攻撃性が増した。この研究は、怒りを爆発させて “吐き出す”あるいは “胸のつかえを取る”のが良いという俗説を払拭するのに役立つ。枕に向かって叫んだり、パンチングバッグを叩いたりするのはやめよう。怒りの部屋に行って野球のバットで物を壊すより、お金を節約しましょう。そのような行為は治療にはならない。

meditation
深呼吸やマインドフルネスといったシンプルで自由なテクニックは、怒りを軽減するための効果的でエビデンスに基づいた戦略である

なぜそれが重要なのか

怒りは、潜在的に破壊的な結果をもたらす一般的な感情である。物理的な対立から路上での激怒に至るまで、怒りは広く問題視されており、人々が抑制しようと努めるべき感情である。

しかし、ほとんどの人は怒りをコントロールする効果的な技法を持っていない。怒りを軽減し、管理するための効果的な戦略を特定する必要性は高い。われわれの研究は、興奮を抑える活動が非常に効果的であることを示している。また、これらの活動の多くは安価か無料である。

抑制されない怒りの危険と闘っている世界において、私たちの研究は、効果的なアンガーマネジメントのためのエビデンスに基づいたツールを人々に提供し、より健康的な結果と社会の幸福を育むものである。

私たちの研究方法

『Clinical Psychology Review』誌に掲載された私たちの研究は、メタ分析レビューである。覚醒を減少させたり増加させたりする活動と、怒りや攻撃性への影響を調べた154の研究のデータを統合したものである。

メタ分析の結論は、サンプル数が多いため、統計的に強くなる(私たちの場合は10,186人の参加者)。メタ分析はまた、単独の研究ではあまり明らかでないパターンを明らかにすることもできる。葉っぱからズームアウトすることで、木の全体像を見ることができる。


本記事は、Sophie L. Kjaervik氏とBrad Bushman氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Chilling out rather than blowing off steam is a better way to manage anger − new review of 154 studies reveals what works」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする