Appleは独自のローカルAIモデルと大規模モデルのライセンスというハイブリッドアプローチで大きな成功を収めるかも知れない

masapoco
投稿日
2024年3月21日 12:00
apple wonderlust 2023

AppleがGoogleやOpenAIと、その大規模言語モデル(LLM)のライセンス契約に向けた交渉を行っている可能性がBloombergから報じられたが、これが直ちに同社がAI開発そのものを諦めた事には繋がらないかも知れない。

Apple Insiderが閲覧した投資銀行JP Morganの内部メモによると、Appleは独自のプライベート・ローカル・モデルを開発する一方で、GoogleからGeminiのライセンスを受けるというハイブリッドアプローチを取ることで、AI競争で優位に立てる可能性があるという。

AppleによるAI開発がどの程度進められているのかは全く不明だが、これまでにも度々論文の形で明らかになったように、オンデバイスでのAI駆動に関しては一定の成果を上げていることが窺える。直近では、MM1と呼ばれるマルチモーダル・AIモデルについて発表しているが、これはGoogleのGeminiのように3つのパラメータサイズを備えており、最も巨大なモデルではOpenAIのGPT-4Vや、GoogleのGemini Ultraに比肩しうる性能を有し、スマートフォン上でも動作可能な最も小型のモデルも同じくGoogleのGemini Nanoを上回る性能を見せている。

AppleでAI研究を率いていた元従業員のRuslan Salakhutdinov氏は、同社がMM1から派生した、オンデバイスで動作する生成AIツールの構築に注力する可能性があると考えている、とWired誌は伝えている

JP Morganは、Appleがクラウド・オンデバイスの2つのアプローチを取ることでで優位に立てる可能性があると指摘する。Appleとしては、物議を醸すLLMをリリースするよりも、ユーザーのプライバシーを保護する小規模なオンデバイスモデルに集中することで、ユーザーは性能と安全の両方の長所を得ることができる。

先週Bloombergが報じた別のレポートでは、AppleがカナダのAIスタートアップDarwinAIを買収したと言及している。これはオンデバイス処理にとって重要な要素であり、Salakhutdinov氏が示唆する役割を果たす可能性がある。

JP Morganは、このアプローチを取った場合のAppleの財務上の成功に焦点を当て、インフラの節約とアプリケーションの消費者体験の向上を示唆している。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • stress face
    次の記事

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

    2024年3月21日 12:23
  • 前の記事

    史上初の「量子竜巻」により研究室でブラックホールの動きを詳しく再現することが可能に

    2024年3月21日 11:19
    BlackHoleHelium1web.x2eb1092b
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

今読まれている記事