あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

AMDは、GDC 2024において、「AMD FidelityFX™ Super Resolution(FSR)」の最新版である、「FSR 3.1」を発表した。

アップスケーリング品質が向上したAMD FSR 3.1の導入

AMDによれば、FSR 3.1には、基本的な画質の改善と共に、Vulkan及びXbox Game Dev Kitのサポート、そしてフレーム生成テクノロジーをアップスケーリングと切り離すと言った革新的な改善ももたらされるという。

AMDによれば、FSR 3.1の概要は以下の通りだ。

  • アップスケーリング画質の改善
    • 静止時および運動時の時間的安定性の向上 – 動きのあるオブジェクトの周りのちらつきや揺らぎ、”Fizziness”の減少。
    • ゴーストの低減とディテールの保持。
  • FSR 3アップスケーリングをフレーム生成と分離
    • FSR 3.1のフレーム生成技術が、他のアップスケーリング・ソリューションと連携できるようになる。
  • 新しいAMD FidelityFX API
    • 開発者のデバッグを容易にし、FSRの更新バージョンとの前方互換性を可能にする。
  • Vulkan®およびXbox Game Development Kit(GDK)のサポート

AMDはFSR 3.1が早期に採用されるゲームタイトルである『Ratchet & Clank: Rift Apart』を例に取り、AMD FSR 2.2/3.1のそれぞれをパフォーマンスモードを使用し、1080pで動作した場合の比較を以下のように掲載している。

時間的安定性の向上例

ゴースト低減の例

ちなみに、『Ratchet & Clank: Rift Apart』は、今年後半に予定されているゲーム・アップデートでFSR 3.1に対応する予定とのことだ。

フレーム生成技術の分離

FSR 3.1の大きな変革は、フレーム生成技術の動作方法に重要な変更だ。AMDは、FSR 3.1フレーム生成をアップスケーリング技術から切り離し、フレーム生成がDLSSやXeSSなどの他のアップスケーリングソリューションと連携できるようにした。これは、例えばDLSS 3フレーム生成をサポートしていないRTX 30XXシリーズGPUを使っているユーザーが、アップスケーリングにはDLSS 2を使い、フレーム生成にはFSR 3.1を使うといった選択肢を提示する。ユーザーには大きなメリットだろう。開発者にとっては負担が大きくなる可能性もあるが、先日Microsoftが発表した、DirectSRによってそれも改善されるかも知れない。

AMDはまた、FidelityFXファミリーの技術を新しいFidelityFX APIにまとめ、開発者のデバッグを容易にし、FSRの将来のバージョンとの前方互換性への道も開く。そして最後に、FSR 3.1はVulkan APIとMicrosoft Xbox GDKをサポートする。AMDは、GPUOpenプラットフォームを通じてFSR 3.1を2024年第2四半期に開発者にリリースする計画だ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする