暗号通貨マイナーがAMD Ryzen 7950X CPUを買い占めている

masapoco
投稿日
2024年3月14日 11:00
amd ryzen cpu

2021年にビットコインが最高値を記録した時期、NVIDIAのゲーミンググラフィックボードGeForceは需要に供給が追いつかない状況が続いた。その後の暗号通貨の下落に伴いGPU市場は落ち着いたが、最近の暗号通貨高騰に伴い、歴史はまた繰り返そうとしている。

暗号通貨の採掘は常に、特に電力、水、土地の資源枯渇につながっている。暗号通貨マイナーは現在、AMD Ryzen CPUを大量に購入しており、その結果、在庫が枯渇しつつあるようだ。Ryzen 9 7950Xは、最も強力なデスクトップCPUの1つだが、多くのマイニングリグの鍵となるAVX2またはAVX512命令セットをサポートし、全体的な効率性も高いため、Qubicなど特定の暗号通貨マイニングでは非常に人気があるという。

その効率性は特筆すべきだ。AMD Ryzen 7950X CPUを使用することで、フラッグシップGPUであるNVIDIA GeForce RTX 4090と比較して約2倍の利益を得ることができる。噂によると、Zen 5 CPUが今年後半に大量生産されるようになれば、状況はさらに悪化するだろう。

Zen 5チップは4月から6月の間にTSMCの工場に入り、今年後半のリリースが予想されている。メインストリームのZen 5 CPUは “Nirvana”コアを搭載し、クライアントやサーバー・アプリケーションの高密度計算セグメント向けに設計されたチップはZen 5cの “Prometheus”コアを搭載して出荷されると見られている。

しかし、暗号通貨マイナーにとって重要なことに、次世代AMDチップ・アーキテクチャーはZen 4の2倍のAVX512性能を提供するということだ。また、米国が中国へのRTX 4090の輸出を禁止したため、AMD Radeonグラフィックス・カードはすでに中国で品薄となっている。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • data center
    次の記事

    Meta、24,000個のNVIDIA H100 GPUを用いた“AI特化”データセンターの詳細を公開

    2024年3月14日 16:10
  • 前の記事

    企業による生成AI投資に初めて減速の兆候が現れる

    2024年3月14日 9:57
    ai chip image
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Intel glass substrate 5

    Appleがガラスコア基板の採用に向けて協議を進めている

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • sibelco spruce pine

    世界の半導体は米国のたった1カ所の鉱山に支えられている

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

  • SK hynix Begins Mass Production of Industrys First HBM3E 2

    SK hynix、40億ドルという世界最大級のメモリパッケージング施設を米インディアナ州に建設の計画

今読まれている記事