座りっぱなしは健康に悪く、運動しても有害な影響を相殺することはできないらしい

The Conversation
投稿日
2024年3月19日 15:28
laziness office work

ここ数十年のテクノロジーの進歩は、人間が動く必要性や欲求を奪ってきた。世界人口の多くは、職場でコンピューターの前でも、家でテレビの前でも、一日中長時間座り続けている。人間の体は動くようにできているのだから、座りっぱなしは明らかに健康に悪い。カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の新しい研究で、このことが確認された。

63歳から99歳の女性5,856人を対象に、研究開始時に7日間、活動量計を腰に装着してもらった。研究者らはその後10年間追跡調査し、その間に1,733人が死亡した。

研究者らは人工知能を使い、活動量計から参加者の座っている時間を割り出し、それを死亡リスクと関連付けた。その結果、1日11時間以上座っている被験者は、1日9時間半以下の被験者に比べ、研究期間中に死亡するリスクが57%高いことがわかった。

しかし、定期的な運動は座りすぎの健康リスクを解消するのだろうか?UCSDの研究ではそうではない。早期死亡のリスクは、中程度から強度の運動量を増やしてもなお存在した。2019年の研究でも、運動量を増やしても、座りすぎに伴う2型糖尿病、心臓病、脳卒中などの病気のリスクは解消されないことがわかった。

しかし、オーストラリアの研究では、毎日9,000歩から10,500歩歩くことで、座っていることが多い人でも早死にするリスクが下がることがわかった。

この矛盾した結果は、UCSDの研究では活動量計が腰に装着され、オーストラリアの研究では手首に装着されたため、座っている時間の推定が異なったためと考えられる。

また、オーストラリアの研究では、活動量計のデータから被験者がいつ座っていたのか、立っていたのかを割り出すための特別なソフトウェアを使っていない。例えば、参加者が30分じっと立っていた場合、これは30分座っていたことになる。このことは、オーストラリアの研究が参加者の座っていた時間を過大評価していたことを意味する。

UCSDの研究は、座る時間を減らす必要性を強調し、より良い証拠となりそうだ。世界保健機関(WHO)の現在のガイドラインもこれを支持しており、成人は座っている時間を制限し、長時間の座位を分割することを推奨している。

座りすぎはどのくらい?

では、どのくらい座っているのが多すぎるのだろうか?UCSDの研究では1日11時間としている。他の研究では、1日7時間でも多すぎると言われている。血糖値や血圧を上昇させる可能性があるため、一度に30分以上座ってはいけないという研究もたくさんある。

では、長時間座らないためにはどうしたらいいのでしょうか?

オフィスワーカーなら、座れるデスクが役に立つかもしれない。あるいは、仕事の合間や電話中に立ち上がって動き回ることもできる。家では、テレビ広告の休憩中ややかんを沸かしている間に立ち上がればいい。スマートデバイスやウェアラブルの中には、長時間座っているとブザーが鳴るものもある。

しかし、立ったり歩いたりできない場合はどうだろう?2020年の研究によると、車椅子利用者の血糖値を下げるには、腕の小刻みな運動(例えば20分ごとに2分間)が有効であることがわかった。じっと座っているのではなく、何かをしている限り、健康上のメリットがあるのだ。


本記事は、Daniel Bailey氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Sitting is bad for your health and exercise doesn’t seem to offset the harmful effects」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Garnet BlogHeroFeature 1400x788 1 1280x720 1
    次の記事

    Microsoft Research、アプリとサービスをより迅速にするGarnetを発表

    2024年3月19日 15:59
  • 前の記事

    NVIDIA、ヒューマノイドロボット向け基礎AIモデル「GR00T」を発表

    2024年3月19日 12:37
    project gr00t humanoid
この記事を書いた人
The Conversation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • oura ring

    スマートリングの超精密動作トラッキングがウェアラブル技術を次のレベルに押し上げる

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • granola

    筋肉をつけたい?炭水化物がタンパク質と同じくらい重要な理由

  • broccoli

    ブロッコリーに含まれる天然成分が血栓の予防や治療に役立つ可能性が判明

  • brain computer interface

    脳は睡眠中に神経細胞の電気パルスによって老廃物を洗い流している

今読まれている記事