NVIDIA、ヒューマノイドロボット向け基礎AIモデル「GR00T」を発表

masapoco
投稿日
2024年3月19日 12:37
project gr00t humanoid

NVIDIAは開発者会議GTCにおいて、ヒューマノイド用の汎用マルチモーダル基礎モデル・プロジェクト「GR00T」を発表した。

GR00T(「Generalist Robot 00 Technology」の略)は、「ヒューマノイドロボットの汎用基盤モデル」として、特定のヒューマノイドロボットが特定のタスクを行うための出発点を提供することを意図している。要するに同社は、1X Technologies、Agility Robotics、Apptronik、Boston Dynamics、Figure AI、Fourier Intelligence、Sanctuary AI、Unitree Robotics、XPENG Roboticsなど、最近このカテゴリーへの参入が相次いでいる企業のためのAIプラットフォームを構築しているのだ。これは、Teslaのようないくつかの顕著な例外を除いて、現時点でほぼすべての著名な商用ヒューマノイドロボットメーカーを網羅している。

NVIDIAの創設者兼CEOのJensen Huang氏は、「一般的なヒューマノイド・ロボットの基盤モデルを構築することは、今日のAIで解決すべき最もエキサイティングな問題の1つです。人工総合ロボット工学への大きな飛躍を遂げようとする世界中の一流のロボット工学者のために、それを可能にする技術が結集しつつあります」と、語っている。

ハードウェア面では、「Jetson Thor」と呼ばれる新しいコンピューティング・プラットフォームを発表している。これは、シミュレーション・ワークフローや生成AIモデルなどを実行するために特別に設計された、ヒューマノイド型フォームファクターの新しいコンピューターであり、性能、消費電力、サイズを最適化したモジュール式アーキテクチャを採用している。

NVIDIAは新しいシリコンについて次のように述べている:

このSoCには、NVIDIA Blackwellアーキテクチャに基づく次世代GPUと、GR00Tのようなマルチモーダル生成AIモデルを実行するための800テラFLOPSの8ビット浮動小数点AI性能を提供するTransformer Engineが搭載されています。統合された機能安全プロセッサ、高性能CPUクラスタ、100GBのイーサネット帯域幅により、設計と統合作業が大幅に簡素化されます。

今週のGTCでは、さらに2つの重要なロボティクス・プログラムが発表された:Isaac ManipulatorとIsaac Perceptorだ。Isaac Manipulatorーは、ここ数十年にわたりロボット工学の基礎となってきた。その先駆けとなったのが、自動車製造に欠かせない巨大な産業用ロボットアームだ。次世代はさらに器用で、はるかに可動性の高いものになるだろう。当然ながら、NVIDIAもその一翼を担いたいと考えている。

「Isaac Manipulatorーは、堅牢な基礎モデルとGPUアクセラレーション・ライブラリのコレクションにより、ロボットアームに最先端の器用さとモジュラーAI機能を提供します。パスプランニングを最大80倍高速化し、ゼロショット・パーセプションが効率とスループットを向上させるため、開発者はより多くの新しいロボット・タスクを自動化することができる」と、NVIDIAは述べている。

そして、このロボットに関連して、Open Source Robotics Foundationからは、「オープンソース・ロボティクス・ソフトウェア・プロジェクトのガバナンスを強化し、Robot Operating System (ROS) Suiteコミュニティの健全性を今後何年にもわたって確保するための新しいイニシアチブ」であるOpen Source Robotics Alliance (OSRA)を立ち上げるという発表も行われ、NVIDIAがこの創設プラチナメンバーになる事も明らかになった。メンバーにはNVIDIAだけでなく、IntrinsicやQualcommもプラチナ・メンバーである。その他の重要なメンバーには、Apex、Clearpath Robotics、Ekumen、eProsima、PickNik、Silicon Valley Robotics、Zettascaleなどがいる。

「Open Source Robotics Foundationは、コミュニティへの参加を拡大し、より大きなROSエコシステムにおける影響力を拡大することで、運営の再構築を計画していました。Open Source Robotics Corporation]の売却は、そのビジョンに向けた第一歩であり、OSRAの立ち上げは、その変化に向けた次の大きな一歩です」と、Open Source Robotics FoundationのCEOであるVanessa Yamzon Orsi氏は説明する。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • laziness office work
    次の記事

    座りっぱなしは健康に悪く、運動しても有害な影響を相殺することはできないらしい

    2024年3月19日 15:28
  • 前の記事

    NVIDIA、AIモデルの生産現場への導入をよりスムーズにする「NIM」を発表

    2024年3月19日 11:20
    nim inference microservices
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事