あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Microsoft Researchは、「Garnet」と呼ばれる新しいキャッシュストア・ソリューションを発表した。Microsoftのこのオープンソース製品は、豊富で拡張可能なAPI、メモリと階層型ストレージのサポート、超低遅延のプラグイン可能なネットワーク・レイヤーを誇り、優れたベアメタル性能を持つ。

Garnetの利点について、Microsoftは次のように述べている:

  • Garnetは、一般的なRESPワイヤプロトコルを出発点として採用しているため、現在ほとんどのプログラミング言語で利用可能なRedisクライアントを変更することなくGarnetを利用することができます。
  • Garnetは、多数のクライアント接続や小バッチでのスケーラビリティとスループットが大幅に向上しており、大規模アプリやサービスのコスト削減につながります。
  • Garnetは、実際のシナリオで重要な99パーセンタイルと99.9パーセンタイルにおいて、より優れたクライアントレイテンシーを実証しています。
  • 最新の.NETテクノロジーをベースにしたGarnetは、クロスプラットフォームで、拡張性があり、モダンです。Garnetは、一般的なケースでパフォーマンスを犠牲にすることなく、開発しやすく、進化しやすいように設計されています。私たちは、.NETの豊富なライブラリーのエコシステムを活用してAPIの幅を広げ、最適化の機会を広げました。.NETを注意深く使用したおかげで、GarnetはLinuxとWindowsの両方で最先端のパフォーマンスを実現しています。

Garnetは、Microsoft Researchにおける長年の研究の成果である。2018年に完了したFASTERと呼ばれる初期作業から発展したもので、既存のシステムよりも優れたパフォーマンスが得られることを実証するために設計された組み込みキーバリューライブラリだという。

Garnet intro

2021年のパンデミックの際、Microsoft ResearchはMicrosoftの実世界のニーズに基づいてこの技術を構築することを決定し、これがGarnetとして結実した。

Microsoftによると、GarnetはすでにWindows & Web Experiences Platform、Azure Resource Manager、Azure Resource Graphなど、いくつかの場所に導入されているという。GarnetのオープンソースコードはGitHubで公開されているため、サードパーティの開発者もこれを利用して独自のアプリケーションやサービスを高速化することができる。将来的には、Microsoft Researchは新しいAPIコールと機能を追加し続け、この分野でのコラボレーションの機会を検討したいと考えている。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする