Microsoft、Webゲーム用のグローバルイルミネーションサポートを追加したBabylon.js 7.0を公開

masapoco
投稿日
2024年3月30日 9:43
Babylon 7

Microsoftは、複雑なWebベースのゲーム制作を目的としたBabylon.js開発ツールのサポートを続けている。本日、同社はこのツールの次期バージョンであるBabylon.js 7.0を正式に発表した。

Microsoftはブログ投稿で、最大の追加機能のひとつがプロシージャルなジオメトリのサポートであると述べている。同社はこのバージョンを「Node Geometry」と呼んでいるが、この新機能はゲームの3Dアート用の巨大なファイルを作成することなく、複雑なゲーム世界を作成するのに役立つはずだ。Microsoftによれば、この機能により、ローカルPCでコンテンツを作成できるようになるという。

Node GeometryをサポートするWebベースのゲームをダウンロードしてプレイしようとする人は、「数KB分のNode Geometryデータをダウンロードし、自分のマシンにジオメトリを作成させる」だけでいい。これは明らかに、全体的なパフォーマンスの向上とともに、複雑なWebベースゲームのロード高速化を意味する。

Babylon.js 7.0のもう1つの機能は、標準的なPCおよびコンソールゲームではすでに一般的な機能だ。新バージョンでは、ボディ・アニメーションにラグドール物理学のサポートが追加された。Microsoftによると、この機能により、”ボタンを押すだけで、どんなスケルタル・リグを持ったアセットでも、ぐにゃぐにゃと崩れたり、跳ね回ったりできるようになる”とのことだ。

さらに、Babylon.js 7.0は、Webゲーム用のグローバルイルミネーションをサポートするようになった。この改良により、Webベースのゲームにおいて、より優れたライティングとシャドウ・エフェクトが可能になるはずだ「Babylon.jsのシーンは、光と影が現実により近い方法で環境を “バウンス”することで、よりリアルな体験をレンダリングすることができます」と、Microsoftは述べている。

新しいBabylon.js 7.0リリースの詳細については、公式サポートサイトをご覧頂きたい。また、Apple Vision Pro上で動作するゲーム制作のサポートなど、ツールのさらなる追加についても説明されている。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • openai
    次の記事

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

    2024年3月30日 11:20
  • 前の記事

    MSI、読み込み14.6GB/秒、書き込み12.7GB/秒のPCIe 5.0 SSD「Spatium M580 Frozr」を発表

    2024年3月30日 9:01
    gen5 ssd 20240326 1
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • microsoft edge chromium

    Microsoft EdgeブラウザでRAMの消費量を制御出来る機能がテスト中

  • cyberpunk 2077 night city wire june 2020 nvidia geforce rtx exclusive screenshot 001

    Microsoft、SSDを活用し少ないVRAMでもレイトレーシング性能を向上出来る手法の特許を公開

  • inflection logo

    Microsoft、AIスタートアップ「Inflection AI」の共同創業者ら主要メンバーを引き抜き新たなAI部門を設立へ

  • Garnet BlogHeroFeature 1400x788 1 1280x720 1

    Microsoft Research、アプリとサービスをより迅速にするGarnetを発表

今読まれている記事