あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Windows 11がついにネイティブRARサポートを追加することで、WinRARのようなサードパーティのアプリケーションが不要になった。

28年かかり、WindowsはついにRARファイルをネイティブでサポートするようになった。RARは、特に90年代に、ブロードバンドがまだ現在ほど普及しておらず、ディスク容量も下手すれば数GBのHDDしかないような時代に重宝されたが、ドライブ容量とネットワーク帯域幅が指数関数的に増加するにつれて、WinRARのようなアプリケーションの必要性は減少した。

とはいえ、少しでもネットワーク帯域を節約しようとする事は悪いことではない。WindowsのRAR対応は、特にRAR形式でデータを多く保存していた人にとっては朗報だろう。

今回の成果は、マルチフォーマットライブラリプロジェクトのオープンソースソリューションを利用したことにより実現した。Microsoftは、この更新により、RARファイルを扱うためのネイティブなオプションだけでなく、tar、7-zip、gzなどの追加のフォーマットもサポートすると述べている。また、サードパーティのアプリケーションと比較して圧縮に関する「機能性が向上した」とも主張している。

公式のローンチ日はまだ発表されていないが、Windows 11は明日、Bluetooth LEなどのサポートを含む大規模なアップデートが実行される予定だ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする