Samsung、指紋認証と血圧測定が同時に可能な有機ELディスプレイを発表

masapoco
投稿日
2023年5月24日 14:46
samsung display sensor oled

Samsung Displayは、世界初の指紋と心拍数センサーを内蔵した有機ELディスプレイ(OLED)となる、「センサーOLED」を発表した。この技術はスマートフォンや他のデバイスをよりシンプルにする可能性があり、将来的にはフラグシップスマートフォンに搭載されることが期待される。

ほとんどのセンサーデバイスは、センサーとして反応するスポットが指定されており、読み取りを得るためにはデバイスの特定の部分をタップするか、指を置く必要がある。これらのセンサーは通常、独自のモジュールで構成され、ディスプレイパネルの下に配置されるため、センサーが画面に組み込まれているような錯覚に陥る。

だが今回のSamsung Displayによる「センサーOLED」の新しい点は、光を感知する有機フォトダイオード(OPD)をディスプレイパネルに組み込むことで、ユーザーは画面上で特定の場所に縛られることなく、指紋をスキャンし、血圧を測定し、さらにその両方を同時に読み取ることを可能にした。

Samsung Displayは、正確な血圧測定には両腕が必要であると述べている。だが、センサーOLEDでは、片方の腕の血圧を測ってからもう片方の腕を測るのではなく、両手の指を1本ずつディスプレイの上に置くことができる。内蔵センサーは、両方の指から同時に測定値を取得することができる。Samsung Displayによると、このセンサーはユーザーの心拍数と「ストレスレベル」も測定できるそうだが、後者の測定にどのような生体データを使っているのかは不明だ。

このような技術がいつスマートフォンに搭載されるかは不透明だが、技術がスマートフォン用に作られたことを考えると、そう時間はかからないだろう。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • zotac zbox
    次の記事

    Zotac、世界初のソリッドステート冷却技術「AirJet」を採用したミニPCを発売

    2023年5月24日 16:04
  • 前の記事

    Windows 11がついに「RAR」形式ファイルをネイティブサポートへ

    2023年5月24日 14:08
    windows background
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • UXL logo

    NVIDIAのAI市場支配からの脱却を目指しGoogle、Intel、Qualcommらが協力

  • oura ring

    スマートリングの超精密動作トラッキングがウェアラブル技術を次のレベルに押し上げる

  • GDDR7 DRAM PR main1

    Samsung、NVIDIA GTCで32Gb/秒GDDR7メモリ・モジュールを披露

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • Samsung Semiconductor Chip Plant Pyeongtaek Campus South Korea

    Samsung、独自AIアクセラレータ「Mach-1」を2025年にも発売しNVIDIAに対抗へ

今読まれている記事