Windows 11の新機能で一部のOSアップデート時に再起動が不要になる可能性

masapoco
投稿日
2024年2月26日 6:43
Windowsキーの画像

Windowsにセキュリティパッチがある度に再起動を促す通知にうんざりしている人には朗報だ。Microsoftは、「ホットパッチ」と呼ぶテストを行っており、これによってWindows 11ユーザーが再起動することなくセキュリティパッチを適用する事が可能になるようだ。

Windows CentralのZac Bowden氏はMicrosoftのプレビュービルドの細部に潜むこの変更を最初に発見し、その後アップデートについてさらなる情報源に話を聞いた。「ホットパッチ」は、プロセスを再起動することなく、実行中のプロセスのメモリ内のコードにパッチを適用することで機能する。

Microsoft は、Windows Server 2022の非Azureバージョンを含む、いくつかのWindows ServerエディションやXboxですでにホットパッチを使用している。

Microsoft 自身が認めているように、ホットパッチは、リブートの失敗や多層ワークロードの調整など、多くのIT管理者の頭痛の種を軽減することになるだろう。また、ユーザーのPCの稼働時間を増やすことで生産性を向上させ、パッチのダウンロードが面倒でアップデートを遅らせているユーザーのセキュリティを強化することにも繋がるだろう。

MicrosoftはWindows 11の開発者向けチャンネルでこの新機能をテストしているが、VBSが有効になっているWindows Insidersのマシンでのみ行われている。ホットパッチを適用するには、仮想化ベースのセキュリティを有効にする必要があるかもしれない。

また、Bowden氏の情報源によると、この変更によって再起動が完全になくなるわけではない。より包括的なアップデートのために、数カ月に一度程度の頻度で、定期的な再起動が必要になるかもしれない。ホットパッチは通常、小さなコード変更として提供される。

ホットパッチがすべてのWindows 11ユーザーに提供されるのか、あるいはEnterprise、Education、Windows 365といったWindows 11の商用エディションに限定されるのかは不明だが、この新機能は今年後半に登場する見込みのWindows 11 24H2の一となる。

Windows 11 24H2は今年後半にリリースされるWindowsの次のメジャーアップデートであり、Microsoftが2024年後半に「Windows 12」をリリースする可能性は極めて低い。ホットパッチ機能の他に、噂によると、Windows 11 24H2にはバックグラウンドで動作する高度なCopilotを含む多数のAI機能が搭載されるという。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • quantinuum
    次の記事

    量子コンピュータへの応用が期待される理論上の物質の新たな相が確認された

    2024年2月26日 10:17
  • 前の記事

    新たなアプローチでAIチャットボットが苦手な“記憶”が改善され、パフォーマンスが大きく向上する

    2024年2月26日 5:10
    MIT Streaming LLMs 01 PRESS 0
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Babylon 7

    Microsoft、Webゲーム用のグローバルイルミネーションサポートを追加したBabylon.js 7.0を公開

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • microsoft edge chromium

    Microsoft EdgeブラウザでRAMの消費量を制御出来る機能がテスト中

  • cyberpunk 2077 night city wire june 2020 nvidia geforce rtx exclusive screenshot 001

    Microsoft、SSDを活用し少ないVRAMでもレイトレーシング性能を向上出来る手法の特許を公開

  • gaming

    ゲーミングPC出荷台数は2024年に緩やかな成長を見せる見通し

今読まれている記事