あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Adobe、Photoshopに生成AI機能を追加

今年初め、Adobeは多くのCreative Cloudアプリのための生成AIツールや機能のセットであるFireflyを発表し、この分野への取り組みを明らかにしていたが、本日、同社は、Photoshopに多数のAI機能を導入し、全体的な体験を向上させたことを明らかにした。

Adobeは、まずはPhotoshopで生成AI機能を導入したが、今後Creative Cloud、Document Cloud、Experience Cloud、さらにAdobe Expressなど他のツールにもAI機能が広がっていくとしている。Photoshopの新機能「Generative Fill」は、本稿執筆時点ではベータ版のみの提供だが、Adobeは今年後半に一般向けにリリースする予定としている。

公式プレスリリースからの抜粋では、同社のAIへの取り組みについて、このように述べられている:

「Fireflyをクリエイティブな副操縦士としてワークフローに直接統合することで、Adobeはすべてのお客様のアイデア出し、探求、制作を加速させます。Generative Fillは、ジェネレーティブAIのスピードと手軽さをPhotoshopのパワーと精度に融合させ、お客様が想像力のスピードでビジョンに命を吹き込む力を与えます」。

Generative Fillは、単に画像を追加したり強化・拡張して、場違いな要素を持つものを提供するわけではなく、まず、写真とその照明、画像のスタイル、撮影時の視点など、さまざまな側面を調べる。そして、Generative Fillを使って、どの角度から見ても美しい仕上がりになるように画像を変形させる。

実際の動作は以下の動画が分かりやすいだろう:

Adobe Photoshopに搭載されるのは生成AIだけではない。ユーザーは、テキストベースのプロンプトを使って、オブジェクトの追加や削除など、画像を際立たせるために実際に作業を進めることができ、すべての編集はレイヤーで行われるため、常に編集を完全に制御することが出来る様になる。

具体的には以下の通りだ。

  • Fireflyを搭載:Fireflyは、商用利用が可能な安全な画像を生成するように設計されており、Adobe Stockの何億ものプロ仕様のライセンスされた高解像度画像でトレーニングされているため、他人やブランドの知的財産(IP)に基づくコンテンツを生成することはありません。
  • シンプルなテキストプロンプトで、アイデアから画像まで魔法のように飛躍させることができます:画像にコンテンツを追加、拡張、削除することで、驚くような結果を得ることができます。
  • 非破壊で編集できます:ジェネレーティブレイヤーで新たに生成されたコンテンツを作成することで、無数のクリエイティブな可能性を迅速に反復し、元の画像に影響を与えることなく、必要なときに効果を元に戻すことができます。
  • 変幻自在のクリエイション:突拍子もないアイデアを試してみたり、さまざまなコンセプトを考えたり、無限のバリエーションを持つ高品質なコンテンツを、文字を打つのと同じくらいの速さで作成できます。

Webツールとして利用可能Generative Fillは、Fireflyベータ版の新モジュールとして提供され、Web上で新機能を試したいユーザーのために用意されている。

Photoshopユーザーは、本日より生成AIを使用できるようになり、Fireflyベータ版だけでなく、デスクトップアプリでも使用できるようになった。Adobeは今年後半にこのアップデートを一般ユーザーにプッシュする予定だ。

また、Adobeは、Generative Fillによって生成されたすべてのコンテンツは、安全かつ無料で商用利用できるようになること、そして、そもそもあなたが持っている画像がどのように作成されたかをより深く理解できるようにするContent Credentialsを追加する予定であることにも言及している。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする