Microsoft、新たな「付箋アプリ」をテスト開始

masapoco
投稿日
2024年2月20日 12:18

Microsoftは、Windows搭載の「付箋アプリ(Sticky Notes)」に関する「大型アップデート」を発表した。現在、OneNoteでプレビューテストが可能だ。

Microsoftによると、これはテストの第一段階に過ぎず、今後のアップデートにより、OneNoteとは別に再構築された付箋アプリを起動できるようになるとのことだ。とはいえ、現段階でもアップデートされた付箋アプリをタスクバーにピン留めしたり、新しいWin + Alt + Sショートカットでアプリを起動することはできる。

この付箋アプリの新バージョンでは、「スクリーンショット」ボタンをクリックすると、現在アクティブなウィンドウのスナップショットが自動的に撮影され、メモとして保存されるようになる。スクリーンショットには、そのスクリーンショットがどのアプリから撮影されたか、いつ撮影されたかの情報が含まれる。また、同期をオンにしている場合は、付箋が他のデバイスにもこの情報を送信してくれる。

それ以外は、付箋の機能をそのまま引き継いでいる。複数のノートを作成したり、色を変えたり、中のテキストをフォーマットしたり、Microsoftアカウントを使ってデバイス間で同期したりできる(付箋はiOSとAndroid用のOneNoteを使ってモバイルからアクセスできる)。CopilotやAIを利用した機能については触れられていないが、メモ帳にさえCopilotが組み込まれていることを考えると、恐らくそうした機能も今後は搭載される事だろう。

Microsoftによると、新しい付箋アプリは現在、Microsoft 365 Insiderにプレビューで展開されている。このアプリにアクセスするには、OneNote for Windowsのバージョン2402、ビルド番号17328.20000以降が必要だ。これは段階的なロールアウトであるため、ユーザーによっては他のユーザーより少し遅れて入手できる可能性がある。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • file 20240202 23 movrvv
    次の記事

    これまで見つかった中で最も明るい天体は1日に太陽1個分の質量を貪る超巨大ブラックホールだった

    2024年2月20日 13:35
  • 前の記事

    ブラックホールの代替理論「グラバスター」はこんな姿をしている?

    2024年2月20日 10:56
    darkstar
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Babylon 7

    Microsoft、Webゲーム用のグローバルイルミネーションサポートを追加したBabylon.js 7.0を公開

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • microsoft edge chromium

    Microsoft EdgeブラウザでRAMの消費量を制御出来る機能がテスト中

  • cyberpunk 2077 night city wire june 2020 nvidia geforce rtx exclusive screenshot 001

    Microsoft、SSDを活用し少ないVRAMでもレイトレーシング性能を向上出来る手法の特許を公開

  • inflection logo

    Microsoft、AIスタートアップ「Inflection AI」の共同創業者ら主要メンバーを引き抜き新たなAI部門を設立へ

今読まれている記事