TSMC、いよいよMac、iPhone向けの3nmチップの生産開始へ

masapoco
投稿日
2022年12月27日 6:26
tsmc semiconductor fab14 production 1

TSMCは、3nmプロセスによる量産開始を祝う式典を12月29日に開催する事を明らかにした。

この式典は、台湾台南市のサイエンスパークにあるTSMCのFab 18で行われる。同ファブで最後の設備が設置されたことを祝して催され、今後数年間で同施設での3nm生産の拡大計画についても詳しく説明するようだ。

3nmプロセスの量産開始によって、この技術はTSMCが商業生産に用いる最新技術となる。来年には、3nm技術をベースに、より歩留まりの良いチップを生産するN3E(3nm Enhanced Edition)ノードの量産が予定されている。

TSMCの3nmプロセスでは、先行してGAA(Gate-All-Around) FETを採用しているSamsungとは対照的に、これまでと同様にFinFET(FinField-Effect-Transistor)テクノロジーを採用する。新たな3nmプロセスでは、昨年量産を開始した5nmプロセスと比較すると、10~15%速度が向上し、25~30%エネルギー使用効率が高まるとしている。

アナリストによると、AppleやIntelなどの国際的なブランドは、TSMCの3nmプロセスを発注すると予想されている。特にAppleは、新たなMacBook Proにおいて採用されるとみられる、M2 ProやM2 Maxと言ったAppleシリコンの製造に、TSMCの3nmプロセスを採用すると言われている。

また、TSMCはより洗練された2nmプロセスの開発も進めており、新竹に2nmファブを建設し、2025年に量産を開始する予定である。

2nmプロセスは、TSMCがGAA構造を採用する最初のプロセスになる。これにより、3nmプロセスと比較して、更に大きな性能向上が見込まれている。

12月初旬、新竹サイエンスパーク局のWayne Wang局長は、TSMCが新竹サイエンスパークのLongtanセクションに1nmプロセスのファブを建設する計画があると述べたが、TSMC自身はこの声明を出していない。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • twitter icon
    次の記事

    Twitterユーザー4億人分の個人情報とされる物が2,700万円で販売中

    2022年12月27日 7:03
  • 前の記事

    Apple、転売ヤーも免税してしまい130億円の追徴課税

    2022年12月27日 5:22
    Appleストアに掲げられたAppleのロゴマーク画像
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • apple iphone 5g

    Apple、未発表のアプリやVision Proに関する情報をリークした疑いで元従業員を提訴

  • Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018

    新型iPad ProとiPad Airは5月初旬の発売になる可能性が報じられる

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

今読まれている記事