あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

米国政府は、SamsungやSK hynixを含む韓国の半導体チップ企業が、米国で開発された設備や技術を使って中国のチップ工場をアップグレードすることについて、個別の承認を必要とせず、継続的な許可を取得することを許可した。これでSamsungらは、以前のように米国政府から事前の承認を得る必要がなくなった。この動きにより、両社は今後何年にもわたって新しいプロセス技術に合わせて中国工場をアップグレードできるようになる。

韓国大統領府は本日未明、このような発表を行った。米国はすでにSamsungとSK hynixの両社に決定を通知していた。これに先立ち、米国は中国との地政学的緊張のため、半導体チップ工場に対し、中国工場でのチップ製造設備のアップグレードを制限していた。

「関係政府との緊密な調整を通じて、中国における半導体製造ラインの操業に関する不確実性は大幅に取り除かれた」とSamsungの声明は述べている。

「米国政府が輸出規制の適用除外を拡大する決定を下したことを歓迎する。「この決定は、世界の半導体サプライチェーンの安定化に貢献すると信じている」と、SK hynixは声明を発表している。

米国商務省は、Samsung及びSK hynixと、中国の製造施設に輸入が許可される機器の種類について積極的に協議している。特に、両社の将来を見据えた戦略には、コスト効率の高い生産を確保するため、中国の施設に先進的なプロセス技術を取り入れるための新しいツールを組み込むことが含まれているため、この決定は極めて重要だ。これに先立つこと2022年、米商務省はSamsungとSK hynixの両社に対し、中国でのチップ製造に不可欠な装置の出荷を承認した。この重要な措置により、1年間は個別のライセンス申請が不要となった。現在、米商務省は両社に対し、個別のライセンスを取得する必要をなくし、継続的に必要なすべてのツールを中国の工場に出荷する許可を与えている。

この戦略的転換は単なる手続き的なものではない。米商務省は「有効なエンドユーザー」リストに修正を加えている。SamsungとSK hynixをこのリストに加えることで、これらの企業は、何十億ものコストをかけ、世界の3D NANDとDRAM生産の大部分を担っている中国の工場に、特定のチップ製造装置を個別に出荷するための承認を求める必要がなくなる。

各社は現在、より新しい設備を導入することで、半導体チップ工場を最新の状態に保つことができる。これにより、より新しい世代の半導体チップを製造することができる。米国政府による以前の規制以降、Samsungが工場を最新の状態に保つことは難しくなっており、同社は西安のチップ工場を他の種類の(古い)チップを製造する工場に変えようとさえ考えていた。これは、SamsungがNAND(ストレージ)フラッシュ・チップの40%を製造している工場と同じだ。

SamsungとSK hynixは、合わせて世界のDRAM市場の70%、NANDフラッシュ市場の50%を支配している。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする