あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

新たな研究によれば、悲しい音楽を聴くことが人々の気分にポジティブな影響を与え、つながりの感覚を高めることができるという結果が示されている。

音楽は、私たちがどのように感じるかに大きな影響を与える。特に悲しい音楽は、曲のテンポ、調、楽器の選択、ダイナミクスなどが聴き手にネガティブな感情を引き起こすことがある。

しかし、オックスフォード大学の認知科学者であるTara Venkatesan博士が参加した新たな研究では、悲しい音楽を聴くことが人々を悲しくさせる一方で、その人々の気分をポジティブに影響させ、つながりの感覚を感じさせることもあると提唱している。Venkatesan博士は、「悲しい音楽の価値は、それが聴き手に悲しみを引き起こすかどうかにかかわらず、つながりの感覚を作り出す能力にある」と、述べている。

研究者たちは、人々が悲しい会話を価値あるものとするのと同じ理由で、悲しい音楽を価値あるものとするという仮説を立てた。つまり、本当のつながりの感覚だ。たとえば、誰かがあなたに彼らの悲惨な別れの話をすると、あなた自身も悲しく感じるかも知れない。しかし、話を続けるうちに、その交流に何か意味があると感じ、その人とユニークな方法でつながっていると感じるかも知れない。

この研究では、悲しい音楽がつながりの感覚を提供する能力を二つの実験で示した。第一部では、研究者たちは感情の表現が音楽の本質的な価値であることを示そうとした。彼らは約400人の参加者に4つの異なる曲の説明を与え、それぞれの曲を「音楽の本質」に基づいてランク付けするように求めた。結果、参加者たちは技術的な熟練度よりも感情の表現をより高く評価した。技術的な価値が低いとしても、感情的な表現を重視した曲がはるかに高い割合で選ばれたのだ。

実験の第二部では、著者たちは新たに450人の参加者に、72種類の異なる感情を表現する音楽を聴いたり、そのような会話に参加したりしたときにどれだけつながりを感じるかを評価してもらった。彼らは、人々が会話でつながりを感じる感情は、音楽での表現が「音楽の本質」に高く評価された曲と一致する感情であるという結果を得た:悲しみ、愛、喜び、孤独、悲哀だ。

さらに、参加者たちは、苦しみや絶望といった悲しい感情を表現する曲は聞くのが不快であるが、それでも音楽の本質を捉え、高いつながりの会話を生み出すと述べた。Venkatesan博士は、「つまり、私たちは悲しい音楽を楽しむかどうかにかかわらず、悲しい音楽を価値あるものとしています。なぜなら、それはつながりの感覚を作り出すからです」と説明している。

他の研究では、人々が特に動機なく悲しい音楽を聴くことが示されている。それは単に彼らがその音楽やバンドが好きだからだ。実際、2014年の研究では、参加者の約3分の1がポジティブな気分のときに悲しい音楽を聴いていた。

悲しい音楽が人を悲しくさせるかどうかは、個々の人とその経験による。たとえば、特定の曲を聴くと悲しく感じる人もいる。その曲が特定の記憶とつながっているからだ。私たちの感情と記憶は非常につながっているので、特定の記憶を引き起こす曲を聴くと、私たちは悲しく感じることがない。

この考え方は、悲しい音楽を聴く人々がネガティブな思考のサイクルを繰り返し、しばしば悲しい記憶やネガティブな思考について考えることを促すという2016年の研究と一致している。

音楽と私たちの反応は、ユニークで個人的な体験だ。悲しい音楽は一般的に人々を悲しくさせるが、個々の精神的健康状態によっては、他の感情を引き起こすこともある。Venkatesan博士は、人々が悲しい音楽を聴く経験についての以前の研究を引用し、主に3つのカテゴリーを指摘した:悲しみ、メランコリー、甘い悲しみだ。

「悲しみは主に絶望のようなネガティブな感情で構成されていますが、メランコリーと甘い悲しみは、憧れやノスタルジア、さらには慰めや喜びのような混合した感情で構成されています」と彼女は述べている。

Bennett博士は、悲しい音楽が聴き手にとって自動的に悲しい感情を示すわけではなく、実際には聴き手の精神的健康にポジティブな影響を与えることができると明確にした。

「音楽は、時には座っているのが難しい感情と一緒にいる練習の方法になることができます。それは実際には感情的に非常に有益です」と彼女は付け加えた。「私たちはそれを感情的な露出と呼び、それは実際には私たちが時々座りたくない感情と一緒に座るのを助けるために、いくつかの非常によく研究された治療プロトコルで使用されます」。

悲しい音楽はまた、心からの会話が私たちをつながりを感じさせるのと同じ方法で、人々をつながりを感じさせることができる。Venkatesan博士は、「悲しい音楽を聴いているときに私たちが経験するつながりの感覚が、ポジティブな健康効果を持つ可能性が非常に高い」と述べている。

いくつかの研究では、悲しい音楽を聴くことが「感情的な共感」の感覚を作り出し、歌手や作曲家と悲しみの感情を共有するという結果が出ている。Venkatesan博士は、この場合、悲しい曲を聴くことが仮想的な接触の形となり、人々が受け入れられ、理解され、孤独感が軽減されるのを助ける可能性があると説明している。

彼女はまた、他の研究では、悲しい曲を聴くことが私たち自身とつながり、自分自身の感情的な経験を反映することを可能にし、気分の調整に役立つと提唱している。

Venkatesan博士は、音楽が一般的に私たちの脳と生理に深い影響を与え、したがって私たちの気分にも影響を与えることを指摘している。

例えば、一部の研究では、リラックスした音楽が唾液コルチゾルレベルと心理的ストレスを減少させ、これはストレッサーに対する反応の調整が改善し、ストレスが減少したことを示す指標であると提唱している。

Bennett博士は、悲しい曲が悲しい感情状態を引き起こすのと同じように、音楽を使ってポジティブな感情状態を引き起こす方法があり、また、人々がポジティブな感情に向かう方向に彼らを動かす可能性のあるポジティブな行動を選ぶ方法があると指摘している。

Bennett博士は最後に、「私の希望は、この研究が人々に悲しい感情を感じることが大丈夫であること、そしてまた、私たちがその感情から抜け出すのを助けることができることを認識するのを助けることです」と結論づけている。


論文

参考文献

研究の要旨

多くの人が悲しい音楽に大きな価値を置いているように見える。しかし、なぜだろう?この疑問を解明する一つの方法は、音楽から目をそらし、代わりに人々がなぜ悲しい会話に価値を見出すのかを見てみることだ。会話の場合、その答えは悲しみを表現することで真のつながりが感じられるからだと思われる。私たちは、悲しい音楽にもこのような価値があると提案する。悲しい歌を聴くことで、人は真のつながりの感覚を得ることができる。そして、2つの実験的研究でこの価値の本質を探る。その結果、音楽と会話の間に顕著な関係があることが示唆された。人々は、会話の中で最もつながりを生み出すと思われる感情をまさに表現している作品に、音楽的な何かを見出すのである。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする