あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

欧州史上最高額の資金を獲得したAIスタートアップMistral AIが描くOpenAIに勝つための計画

Mistral AIは、製品を公開することなく1億5千万ユーロの資金調達に成功し、注目を集めている。同社は、現在多くの分野で提供されているクローズド・モデルとは異なる最先端のモデルを開発するつもりだ。これは主に、モデル開発におけるよりオープンなアプローチを通じて達成される予定だという。Mistralの目標は、“ヨーロッパの企業向けの主要なAIツールとなること”だ。

競争優位性

DeepmindとMetaの主要研究者チームによって設立されたMistralの初期の競争優位性としては、オープンソースのモデル、データソースへの強い焦点、そして比類のないセキュリティとプライバシーの保証がある。

Mistralは、生成的AIの指数関数的な成長を予測している。2022年の100億ドルの産業から、2030年には1100億ドルの市場に成長すると見込んでいる。これは、Grand View Researchによる研究を引用している。

ヨーロッパ市場への挑戦

現在、OpenAIのような数社の大手プレーヤーが業界を支配しているが、ヨーロッパ市場はまだ規制も有未開拓なのが現状だ。Mistral AIは、このチャンスに生産性と創造性を向上させるヨーロッパのAIリーダーとしての地位を確立することを目指している。

Mistral AIの戦略は、いくつかの主要な差別化要因に焦点を当てている:

  • 同社は、一部のモデルをオープンソース化する一方で、より専門的なオプションを有料顧客に提供する予定だ。トップクラスのモデルはライセンスが必要となる。
  • AIモデルは、顧客データのセキュリティ、プライバシー、監査可能性に重点を置いて設計される。モデルはプライベート・クラウドやオンデバイスで展開される可能性がある。
  • 同社は、AIソリューションを使用する企業に高品質のデータソースと制御オプションを提供することを目指している。
  • 欧州のクラウド・プロバイダーや産業界の顧客と協力することで、Mistral AIは人間と機械の相乗効果を高め、あらゆる分野の生産性を向上させることを目指している。

オープンソースのアプローチ

Mistralは、OpenAIやGoogleのような競合他社が主にクローズドな技術モデルを好むのとは異なり、オープンソースのアプローチを採用することを計画している。同社は、このオープンソースのアプローチにより、企業が自社のAIモデルの仕組みを深く理解し、優れたセキュリティとカスタマイズオプションを確保できると信じている。Mistralは、”セキュリティとプライバシーに関する比類のない保証”を提供することを提案している。

また、Mistralは、「16GBのラップトップ」で動作するエッジデバイス向けの小型言語モデルを開発する計画も立てている。これにより、技術のアクセシビリティが広がることを目指している。

2023年末までの目標

2023年末までに、Mistral AIはOpenAIのGPT-3.5とGoogle Bardを「大幅に」上回る「テキスト生成モデルのファミリー」をリリースする予定だ。このモデルファミリーの一部はオープンソースとなる予定だ。

しかし、MistralはOpenAIのような巨大な企業と「競争し、勝つ」ためには大規模な投資が必要であることを認識している。OpenAIのGPT-4の開発には「数億ドル」がかかったとされており、GPT-4を超える能力を持つモデルを訓練するためには、2024年の第3四半期に予定されているシリーズAラウンドで追加の2億ユーロを調達する必要があると予想されている。

このように、Mistral AIは、オープンソースのアプローチとヨーロッパ市場への強い焦点を通じて、AIの新たなリーダーとなることを目指している。そのためには大規模な資金調達と独自の戦略が必要となりますが、その可能性は高いと言えるだろう。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする