あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Microsoftの従業員による雇用環境への満足度は低下している

リークされた社内世論調査によると、Microsoft社の従業員は、社内の現在のリーダーシップに懸念を表明しているという。この世論調査は、前年と比較して従業員の信頼度が大幅に低下したことを示すもので、Microsoftの従業員が直面している課題を浮き彫りにしている。

今年初め、CEOのSatya Nadella氏は、2023年第3四半期末までに1万人を削減する計画を発表した。レイオフと並行して、Microsoftは厳しい経済状況を理由に、従業員の今年の昇給を見送ることも明らかにした。

リークされた世論調査の結果は、Microsoftで働くことに対する従業員の感情の低下を浮き彫りにしている。同社で働くことが良いアイデアかどうかという質問に対し、回答者の69%が否定的と答え、前年から3%増加した。2021年には、従業員の73%がMicrosoftで働くことは素晴らしい機会だと考えていた。

このデータから、報酬が従業員の主な懸念事項であり、否定的な感情と一致していることがさらに明らかになった。この不安は、今年の功労ボーナスが支給されないというCEOからの最近のニュースによって強化された。従業員は、自分たちの懸念と会社の決定との間に矛盾があることに疑問を呈した。

続いて毎日行われた、他でより良い機会があればMicrosoftに残るという従業員の意思に関する世論調査では、回答者の半数以下が会社に残る意向を示した。

このような変化は、従業員の士気とパフォーマンスに悪影響を及ぼした。給与凍結に言及したNadella氏からのリークメールは、従業員の複雑な感情をさらに悪化させた。そして、意思決定プロセスや全体的なリーダーシップへの懸念につながっている。

特筆すべきは、Microsoftが毎年行っていた社員投票「Employee Signals」を廃止したことだ。このプラットフォームがないことが、従業員の不満を募らせる一因となったようだ。

今後数ヶ月、Microsoftがどのようにこれらの課題を乗り切り、従業員の満足を確保するかが注目される。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする