サイケデリックは脳の学習速度を変化させるらしい – そのメカニズムがついに解明されるかもしれない

The Conversation
投稿日
2023年10月16日 8:51
brain image

人間の脳は変化することができる。しかし、新しいスポーツや外国語を学ぶときや、脳卒中から回復するときなど、通常はゆっくりと、そして多大な努力によってのみ変化する。新しいスキルを習得することは、脳内の変化と相関関係があることは、動物を使った神経科学研究や人の脳機能スキャンによって証明されている。おそらく、微積分をマスターすれば、脳の中で何かが変わるのだろう。さらに、脳の運動ニューロンは運動の頻度によって伸縮する。

新しいスキルを身につけるときだけでなく、不安やうつ、依存症などの問題を克服するときにも、“脳がもっと早く変化すればいいのに”、と人は思うかもしれない。

臨床医や科学者は、脳が急速かつ永続的な変化を起こす場合があることを知っている。多くの場合、それはトラウマ的な体験の中で起こり、脳に消えない痕跡を残す。

しかし、人生をより良い方向に変えるようなポジティブな経験も、同じように急速に起こることがある。スピリチュアルな目覚め、臨死体験、自然の中での畏敬の念などを思い浮かべてほしい。

社会科学者は、このような出来事を心理的変容体験、あるいは極めて重要な精神状態と呼ぶ。それ以外の人々にとっては、「分かれ道」なのだ。おそらく、このようなポジティブな体験は、脳の「配線」を素早く変化させるのだろう。

このような急速でポジティブな変化はどのようにして起こるのだろうか?どうやら脳には、加速度的な変化を促す方法があるようだ。そして、ここからが本当に興味深い:サイケデリック支援心理療法は、この自然な神経メカニズムを利用しているようだ。

サイケデリック支援心理療法

サイケデリックな体験をした人は通常、それを言葉にできない心の旅と表現する。しかし、それは知覚の歪み、自己感覚の修正、急激な感情の変化を伴う意識の変容状態として概念化することができる。おそらく、高次の脳のコントロールが弛緩し、より深い脳の思考や感情が意識に現れるのだろう。

サイケデリック支援心理療法は、トークセラピーの心理学とサイケデリック体験の力を組み合わせたものである。研究者たちは、サイケデリック物質であるシロシビンを心理療法と併用し、1回6時間のセッションを行った後に、被験者が深遠で個人的に変容するような体験を報告した事例を紹介している。例えば、進行する癌に苦悩していた患者が、すぐに安堵し、終わりに近づいていることを思いがけず受け入れたという体験がある。どうしてこのようなことが起こるのだろうか?

研究によれば、新しい技能や記憶、態度は、ニューロン間の新しい結合によって脳に符号化される。神経科学者はこの成長パターンを「樹木化」と呼んでいる。

二光子顕微鏡と呼ばれる技術を使っている研究者たちは、ニューロン上の棘の形成と退行を追跡することにより、生きた細胞でこのプロセスを観察することができる。棘は、あるニューロンと別のニューロンとの間のコミュニケーションを可能にするシナプスの片割れである。

科学者たちは、永続的なスパインの形成は、集中的で反復的な精神エネルギーによってのみ確立されると考えてきた。しかし、エール大学の研究室は最近、シロシビンを一回投与しただけでマウスの前頭皮質にスパインが急速に形成されることを記録した。研究者たちは、キノコ由来の薬物を投与されたマウスでは、スパインの形成が約10%増加したことを発見した。この変化は、投与1日後の検査で起こり、1ヶ月以上持続した。

サイケデリックによる変化のメカニズム

精神作用分子は主に神経細胞上の受容体を通して脳機能を変化させる。抗うつ薬で有名なセロトニン受容体5HTには、さまざまなサブタイプがある。植物性サイケデリックであるアヤワスカの活性物質であるDMTのようなサイケデリックは、5-HT2Aと呼ばれる受容体細胞を刺激する。この受容体はまた、脳が急速に変化する際の過形成状態を媒介するようである。

DMTが活性化するこの5-HT2A受容体は、ニューロン細胞表面だけでなく、ニューロン内部にも存在する。ニューロン構造の急激な変化を促進するのは、細胞内部の5-HT2A受容体だけなのだ。セロトニンは細胞膜を通過することができないので、プロザックやゾロフトのような抗うつ剤を服用しても幻覚を見ることはない。一方、サイケデリックは細胞の外側をすり抜け、5-HT2A受容体を微調整し、樹状突起の成長とスパイン形成の増加を促す。

ここでこの話がすべてまとまる。DMTはアヤワスカの有効成分であるだけでなく、哺乳類の脳で自然に合成される内因性分子である。そのため、人間の神経細胞は、微量ではあるが、自分自身の「サイケデリック」分子を作り出すことができる。ニューロンが樹状突起スパインを形成するときのように、脳が自らの内因性DMTを変化の道具として使い、極めて重要な精神状態をコード化している可能性がある。そして、サイケデリックを用いた心理療法が、この自然発生的な神経メカニズムを利用して癒しを促進する可能性もある。

注意

作家のAnn Patchettは、エッセイ集『These Precious Days』の中で、膵臓がんと闘っていた友人とキノコを摂取した時のことを述べている。その友人は神秘的な体験をし、家族や友人との深いつながりを感じて帰ってきたという。一方、Patchettは「地球の中心にある真っ黒な溶岩の釜の中で、ヘビを切り刻みながら」8時間を過ごしたという。それは彼女にとって死のように感じられた。

サイケデリックは強力で、LSDのような古典的なサイケデリック・ドラッグはまだ治療薬として承認されていない。米国食品医薬品局は2019年、成人のうつ病治療に抗うつ薬と併用するケタミンを承認した。PTSDに対するMDMA(エクスタシーやモリーと呼ばれることが多い)とうつ病に対するシロシビンによるサイケデリック支援精神療法は、第3相試験中である。


本記事は、Edmund S. Higgins氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Psychedelics plus psychotherapy can trigger rapid changes in the brain − new research at the level of neurons is untangling how」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 10786
    次の記事

    回転する巨大宇宙ステーションでの生活を想像してみよう

    2023年10月16日 9:00
  • 前の記事

    OpenAIは年間13億ドルの収益を目標としている

    2023年10月16日 6:10
    openai
この記事を書いた人
The Conversation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • oura ring

    スマートリングの超精密動作トラッキングがウェアラブル技術を次のレベルに押し上げる

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • neuralink inplant

    Neuralink、脳インプラントを埋め込まれた被験者がPCでチェスや『シヴィライゼーション VI』をプレイ出来たと発表

  • laziness office work

    座りっぱなしは健康に悪く、運動しても有害な影響を相殺することはできないらしい

  • 4f1c163fec5bdd85dfb3c558f04c15cb

    脳インプラント技術の未来 – 人の心をつなぐインターネットの興味深い一端を垣間見る

今読まれている記事