回転する巨大宇宙ステーションでの生活を想像してみよう

masapoco
投稿日
2023年10月16日 9:00
10786

インスピレーションはあらゆる形でもたらされるが、アイデアを伝え、人々を興奮させる最良の方法のひとつがアートである。特に映像は、5秒のTikToksであれ、十字軍に関する2時間以上のドキュメンタリーであれ、現代生活において最も顕著な娯楽形態のひとつとなっている。したがって、宇宙探査のコンセプトにインスピレーションを受け、そのインスピレーションをメディアを通して伝えるビデオグラファーがいても不思議ではない。そして今、インターネットのおかげで、このカテゴリーに新たな参入者が現れた。

最新のインスピレーション溢れる宇宙探査ショートフィルム『One Revolution Per Minute』の脚本・製作・監督を担当したのは、2000年代後半のクレイジー・フロッグ・ミームの作者として知られるアニメーター、Erik Wernquistだ。彼は最近、より宇宙指向のコンセプトに移行しており、最新の作品のひとつは、初期の回転宇宙ステーションであるオニールシリンダーの発明者、Gerard K O’Neillについてのドキュメンタリーである。

その流れの中で、『One Revolution Per Minute』は、太陽系のさまざまな場所を旅する宇宙ステーションSSPO Esperanta を追っている。ビデオに添付されたWernquist 氏のメモによれば、Esperanta 自体は「ホテルかクルーズ船」のようなデザインだという。映像の様々な場面で、視聴者は鏡の壁やワイングラスが置かれたくつろぎのラウンジを見ることができる。

率直に言って、映像は本当に素晴らしい。ある時、人がフレームに入ってくるが、ビデオを何十回見ても、これが実際の人間の映像なのか、それとも単なるグラフィックの魔術なのか、まだはっきりしない。火星や土星など、太陽系のさまざまな場所の景色は息をのむほど美しい。

しかし、私はここで科学ライターとして屁理屈をこねなければならない。外の景色が回転する様子は、重力によって物体や人が(私の妻のように、物体がボルトで固定されている可能性を指摘した場合)床に押さえつけられる様子に合っていない。

この映画の荘厳さを考えれば、そんなことは些細なことだ。本当に息をのむような美しさだ。しかし、数年前に初めて観たときにインスピレーションを受けた別のビデオのことも思い出した。天文コミュニケーターの大御所、Carl Saganのナレーションが入った『Wanderers』を見たことがないのなら、一見の価値がある。しかも、偶然にも同じ人が作っている。というわけで、現時点では、Wernquist 氏は宇宙探査ファンにとって最も感動的な映画監督の座を引き継いだと言っていいだろう。彼が “決して行くことのない”場所から “見てみたい”景色への旅を続けますように。


この記事は、ANDY TOMASWICK氏によって執筆され、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • SEM of Coated Lithium 519 x 350
    次の記事

    リチウム硫黄電池の軽量化で大幅なコスト削減を実現

    2023年10月16日 9:14
  • 前の記事

    サイケデリックは脳の学習速度を変化させるらしい – そのメカニズムがついに解明されるかもしれない

    2023年10月16日 8:51
    brain image
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • gravity well

    卓上レベルの重力実験:なぜ小さな小さな測定が物理学の大きな飛躍につながるのか?

  • quantum experiment

    量子レベルでの重力を測定することに成功、夢の「万物の理論」の構築に大きな前進

  • SOFIA 1024x811 1

    小惑星表面で水が発見された

  • 1.22.24webbtelescopestephan quintetorigcrop3 e1707612198512

    ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡はダークマターの1つの理論を直接検証できる

  • 12116

    星を殺す「ブラックホール風」が遠方の銀河で発見された

今読まれている記事