携帯電話の使用率が高いほど精子の数が少ない事が新たな研究から示される

masapoco
投稿日
2023年11月3日 6:21
sperm

過去50年間に精子の数と質が低下したことは広く指摘されている。ある研究では、2005年以降、アメリカの健康な若い男性の精子数が急減し、その減少が最も顕著であることを発見した。

これまでのところ、この問題について行われた研究の結果は一貫していない。電磁波の影響が見られないという研究もあれば、携帯電話の使いすぎが精子の質の低下につながっているという研究もある。

今回、スイス熱帯公衆衛生研究所(Swiss TPH)とジュネーブ大学(UNIGE)の共同研究チームによって、この問題に関する重要な横断研究が発表された。2005年から2018年にかけて、6つの軍事徴兵センターで18歳から22歳のスイス人男性2886人から収集したデータに基づき、総精子数と濃度の低下が携帯電話の頻繁な使用と関連していることが示された。

大規模な横断研究

この研究の共同責任者であるUNIGE医学部遺伝医学・開発学科およびSCAHT(スイス応用人体毒性学センター)のSerge Nef正教授は、「男性は、生活習慣、一般的な健康状態、特に携帯電話の使用頻度、使用していないときの置き場所に関する詳細なアンケートに回答した」と説明した。

その結果、精子濃度の低下と携帯電話の頻繁な使用との間に相関関係があることが明らかになった。研究者らは、週に1回以上携帯電話を使用しない男性の精子濃度の中央値は、1日に20回以上携帯電話を使用する男性(4450万/mL)よりもはるかに高い(5650万/mL)ことを発見した。

このデータはまた、2005年から2007年の最初の調査期間中に、2008年から2011年、2012年から2018年の後の期間よりも精子の質が急激に低下したことを示唆している。

「この傾向は、2Gから3Gへの移行、そして3Gから4Gへの移行に対応するものです。この期間、携帯電話の送信能力が低下したのです」と、研究著者でスイス熱帯公衆衛生研究所准教授のMartin Röösli氏は説明する。

電磁波が何らかの形で精子の質に影響を及ぼしていると考えられる。多くの人はスマートフォンをズボンのポケットに入れているが、体のこの敏感な部分がデバイスから放射される電磁波の影響を受けやすくなる可能性がある。

しかし、この関連性は決して決定的なものではない。UNIGEおよびSCAHTの医学部遺伝医学・開発学科の上級研究員でこの研究の筆頭著者で共同責任者Rita Rahban氏は、次のように指摘する:「このコホートでは、携帯電話を体の近くに持っていないと回答した人の数が少なすぎたため、この特定の点について本当に確かな結論を出すことはできませんでした」。

また、精子の運動率や形態が悪いことと携帯電話の使用との間に相関関係は認められなかった。ただし、この新しい研究は、これまでの研究よりもはるかに綿密なものであり、これらの放射線の被曝が精液の質に重大な影響を与えることを示唆する決定的な証拠はないという、長い間信じられてきた科学的コンセンサスが正確でない可能性を示すものである。

決定的でない結果

「携帯電話の使用と精液の質との関係を評価したこれまでの研究は、比較的少数の個人を対象として行われ、生活習慣に関する情報を考慮することはほとんどなく、不妊治療クリニックで募集されたため、選択バイアスの影響を受けてきました」と、Rahban氏は指摘する。

この研究は自己申告データに頼っているため、研究者らは現在、電磁波曝露を直接かつ正確に定量化し、通話、ウェブ閲覧、メッセージの送信など、精子の質に影響を与える使用方法を考慮した新たな研究に着手している。

英国の不妊治療クリニック・ネットワークであるケア・ファーティリティのAlison Campbell最高科学責任者は、より多くのデータが出るまで、男性はパニックに陥ったり、携帯電話の使い方を極端に変えたりすべきではないと付け加えている。

「これは魅力的で斬新な研究ですが、心配したりすぐに習慣を大幅に変えたりすべきではありません。妊娠を希望する男性や精子の健康を改善したい男性は、運動(ただし鼠径部を温め過ぎない)、バランスの取れた食事、健康的な体重の維持、喫煙やアルコールの制限を避け、妊娠に問題がある場合は助けを求めるべきです」。


論文

参考文献

研究の要旨

目的

携帯電話曝露と精液パラメータとの関連を調査すること。

研究計画

全国横断研究。

設定

6つの陸軍徴兵センターに近接したアンドロロジー研究所。

対象者

2005年から2018年に徴兵された18~22歳の一般スイス人男性2886人。

介入

参加者は精液サンプルを提出し、携帯電話の使用時間や使用しないときの置き場所など、健康とライフスタイルに関するアンケートに回答した。

主要アウトカム評価項目

ロジスティック回帰モデルと重回帰モデルを用いて、それぞれ調整オッズ比とβ係数を求めた。次に、携帯電話曝露と、精液量、精子濃度、総精子数(TSC)、運動率、形態などの精液パラメータとの関連を評価した。

結果

合計2759人の男性が携帯電話の使用に関する質問に回答し、2764人が使用していないときの携帯電話の位置について詳細を回答した。調整線形モデルでは、携帯電話の使用頻度が高い(1日あたり20回以上)ほど、精子濃度が低く(調整β:-0.152;95%信頼区間:-0.316;0.011)、TSCが低い(調整β:-0.271;95%信頼区間:-0.515;-0.027)と関連した。調整後ロジスティック回帰モデルでは、精子濃度とTSCが生殖可能な男性の世界保健機関(WHO)基準値を下回るリスクがそれぞれ30%と21%増加することになる。この逆相関は、最初の調査期間(2005~2007年)でより顕著であり、時間の経過とともに徐々に減少することがわかった(2008~2011年、2012~2018年)。携帯電話の使用と精子の運動率や精子の形態との間に一貫した関連は観察されなかった。ズボンのポケットに携帯電話を入れておくことと精液パラメータの低下との関連は認められなかった。

結論

この大規模な集団ベースの研究は、携帯電話の使用率が高いほど精子濃度およびTSCが低いことを示唆している。観察された関連性の減少という時間的傾向は、新しい技術への移行とそれに伴う携帯電話の出力低下と一致している。観察された関連が因果関係があるかどうかを確認するためには、曝露評価を改善した前向き研究が必要である。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • raspberry handson
    次の記事

    Arm、Raspberry Piの少数株式を取得

    2023年11月3日 6:51
  • 前の記事

    お腹の脂肪だけを落とすような“部分痩せ”は果たして可能か?

    2023年11月2日 19:47
    diet body
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • oura ring

    スマートリングの超精密動作トラッキングがウェアラブル技術を次のレベルに押し上げる

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • laziness office work

    座りっぱなしは健康に悪く、運動しても有害な影響を相殺することはできないらしい

  • granola

    筋肉をつけたい?炭水化物がタンパク質と同じくらい重要な理由

  • broccoli

    ブロッコリーに含まれる天然成分が血栓の予防や治療に役立つ可能性が判明

今読まれている記事