Arm、Raspberry Piの少数株式を取得

masapoco
投稿日 2023年11月3日 6:51
raspberry handson

Armが、シングルボードコンピューターメーカーRaspberry Piの少数株式を取得した事を発表した。この投資は、最初のRaspberry Piが発売されるおよそ4年前の2008年に始まった長期にわたるパートナーシップを拡大するものだ。

Armの、IoTインターネット事業ライン担当SVP兼GMのPaul Williamson氏は次のように述べている:

「エッジおよびエンドポイントAIアプリケーションの急速な成長に伴い、Arm上に構築されたRaspberry Piのようなプラットフォームは、開発者がより迅速かつ容易にイノベーションを起こせるようにすることで、高性能なIoTデバイスの世界的な普及を促進するために不可欠です。今回の戦略的投資は、開発者コミュニティに対する当社の継続的なコミットメントと、Raspberry Piイとのパートナーシップをさらに証明するものです」。

一方、Raspberry Pi CEOのEben Upton氏は、Armのテクノロジーは常に同社のプラットフォームの中心であり、今回の開発は「我々の長年の関係における重要なマイルストーン」だとしている:

「当社の現在および将来の製品の基盤としてArmテクノロジーを使用することで、学生や愛好家から、商用IoTシステムを大規模に展開するプロの開発者に至るまで、あらゆる人の参入障壁を取り除き続ける中で、当社が必要とする計算性能、エネルギー効率、広範なソフトウェア・エコシステムへのアクセスが可能になります」。

投資の財務的条件は共有されておらず、Armが購入する株式の規模もわかっていない。

Raspberry Piは4月にもSonyからの投資を受け入れており、ソニーセミコンダクターソリューションズがRaspberry Piに非公開の金額を投資した。Upton氏によると、当時Sonyは5億ドルの評価額で投資したという。

Raspberry Piは世界的なチップ不足の結果、パンデミックの間は苦戦を強いられたが、2023年が終わろうとしている現在、ほぼ軌道に乗っているようだ。9月には、当初は来年まで到着しないと予想されていた新しいボードの予約受付を開始した

Raspberry Pi 5は、2.4GHzクアッドコア、64ビットArm Cortex-A76プロセッサーを搭載し、OpenGL ES 3.1とVulkan 1.2をサポートするVideoCore VII GPUとペアになっている。このコンボにより、前モデルと比較してCPU速度は2~3倍、GPU性能は2倍に向上し、I/O帯域幅も大幅に増加した。Pi 5はHDMI経由で2台の4K60ディスプレイを同時に駆動でき、さらにデュアルバンド802.11 ac Wi-FiとBluetooth 5.0をサポートしている。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Appleストアに掲げられたAppleのロゴマーク画像
    次の記事

    Apple、2023年第4四半期決算発表、iPhoneとサービスは過去最高を記録も四半期連続の減収

    2023年11月3日 7:21
  • 前の記事

    携帯電話の使用率が高いほど精子の数が少ない事が新たな研究から示される

    2023年11月3日 6:22
    sperm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事