あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Apple、2023年第4四半期決算発表、iPhoneとサービスは過去最高を記録も四半期連続の減収

Appleストアに掲げられたAppleのロゴマーク画像

Appleは2023年第4四半期の決算を発表した。売上高は895億ドルとなり、2022年第4四半期に報告された901億ドルから減少し4四半期連続で減少を続けた。一株当たり利益は1.46ドルと発表された。

iPhoneの売上高は2022年第4四半期の426億ドルから2023年第4四半期には438億ドルとなり、iPhoneの収益が四半期ベースで過去最高を記録したと述べた。また、サービス部門は、2022年第4四半期の191億8,000万ドルから223億1,400万ドルへと成長が続いている。

「本日Appleは、iPhoneの9月四半期の売上高が過去最高を記録し、サービス部門の売上高が過去最高を記録したことを報告できることを嬉しく思います」とCEOのTim Cook氏は述べた。

iPadの売上は前年同期の71.7億ドルから64.3億ドルに、Macの売上は前年同期の115億ドルから76.1億ドルに減少している。

2022年のサプライチェーンの問題により、2022年9月にMacの販売が急増していたが、これが第4四半期のMac減収の主な要因となっている。また、Appleは2023年6月に15インチMacBook Airを発売したが、これも第4四半期の業績に影響を与えている。

Appleの最高財務責任者(CFO)Luca Maestri氏が四半期決算説明会で語ったところによると、第4四半期の厳しい比較対象となった条件は2022年末には存在しないため、2024年第1四半期のMacは力強い成長を見せるだろうとしている。また、

第4四半期は、Mac StudioのM2 Max版とM2 Ultra版、Apple Silicon搭載のNew Mac Pro、15インチMacBook Airなど、Appleが第3四半期に発表した製品の売上が計上される最初の四半期となった。

経済状況と製品リリーススケジュールにより、Macの売上が前年同期比で34%減少したが、新たなM3 MacBook Pro、iMacの出荷により、ホリデー四半期にはMacが伸びを示すと予想される。

ウェアラブル、ホーム、アクセサリーは前年同期の96億5,000万ドルから93億2,000万ドルに減少した。

ウェアラブル端末は、2022年のホリデー四半期に需要が押し上げられたが、2023年にはこの需要が見られない様だ。

第4四半期の業績には、iPhone 15シリーズのスマートフォン、USB-CバージョンのAirPods Pro、USB-C EarPods、Apple Watch Series 9、Apple Watch Ultra 2など、第4四半期に発売された製品の影響はわずかである。これは、これらすべてが3ヶ月間の最後の数週間に発表されたためである。

次の四半期である2024年第1四半期は、Appleが毎年行うiPhoneのアップデートの恩恵を最も受ける四半期となる。

Maestri CFOは、「当社のアクティブなデバイスのインストールベースは、当社のエコシステムの強さと比類のない顧客ロイヤルティにより、全製品、全地域セグメントで再び過去最高を更新しました」と述べている。

今四半期はウォール街の予想を上回ったものの、Appleの通年売上高は2019年以来初めて前年比マイナスとなった。

四半期決算報告の一環として、Appleは3832億9000万ドルの年間総収入を計上した。この数字は、3943億3000万ドルから前年同期比で2.8%減少している。

Appleが前年比2%減を記録した2019年よりも大きな落ち込みだ。

Appleの年間粗利益率も縮小し、1691億5000万ドルに低下した。これは1,707億8,000万ドルからの前年比1%減である。

営業費用は大幅に増加し、513億5000万ドルから6.8%増の548億5000万ドル、研究開発費は前年比14%増の262億5000万ドルから299億2000万ドルだった。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする