あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Snapdragon X Eliteは、Windows PCをMacBook並みに優れたバッテリーもちを維持しつつ、高速パフォーマンスを実現する事が期待されているが、これまでのWindowsゲーム自体がx86/x64対応に最適化されていたため、Armアーキテクチャのこのチップによるゲームプレイへの影響が少し懸念されていた。GDC 2024では、Qualcommのエンジニアの1人が、x86/x64エミュレーションは非常に効率的に動作するはずであり、ほとんどのゲームは余分な最適化なしで「普通に動作する」はずだと述べている。

次世代Arm PCでゲームをプレイできるようにしたいゲーム開発者に向けては、いくつかの選択肢が提示される。最良の方法は、最も効率的なパフォーマンスとエネルギー消費を実現するために、ネイティブで動作するようにゲームを最適化することだ。2番目の選択肢は、ネイティブのWindowsライブラリとQualcommドライバを使用したハイブリッド「ARM64EC」アプリを作成し、ゲームの残りの部分はエミュレートすることだ。最後に、開発者はすべてをそのままにして、Snapdragon X Eliteにx64エミュレーションを使用してプロジェクトを実行させることができるという。Qualcommによると、DX11、DX12、Vulkan、およびOpenCL用のAdreno GPUドライバがあり、マッピングレイヤーを通じてDX9とOpenGL 4.6までサポートする予定とのことだ。

もちろん、いくつかの制限はある。カーネルレベルで動作するチート対策システムは、AVX命令を利用するゲームと同様に、ネイティブに移植されない限り動作しない。Qualcommは、同社のエンジニアがSteamのトップゲームをすべてテストしており、そのほとんどが動作するはずだと主張している。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする