あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Netflixは、今年初めに20万人以上の加入者を失い、同社の株価は最盛期から7割も下がるなど、最近苦境に立たされている。加入者を回復させるために、Netflixは、より安価な広告付きプランを開始することを明かしているが、どうやらこのプランでは、加入者がアクセス出来るコンテンツは一部に限られるようだ。

広告付きプランは一部コンテンツへのアクセスが制限される

Netflixが第2四半期決算のインタビュービデオで述べているように、この新しい、より手頃なプランには、同プラットフォームのライセンスコンテンツがすべて揃うわけではないとのことだ。これは、スタジオとの新たな契約が必要なためで、時間がかかるか、実現しないかもしれないとのこと。

もちろん、Netflixオリジナルの映画やシリーズはすべて、この新プランで視聴できる。しかし、広告付きプランに加入している人は、現在Netflixで配信されているものをすべて見ることはできないかもしれない。それでも、発売時には「大半」のコンテンツが広告付きプランで視聴できるようになるという。

現在、Netflixで視聴される作品の大半は、広告付きティアに含めることが可能です。しかし、今日、この製品を発売すれば、広告付き視聴層のメンバーは素晴らしい体験をすることができます。追加コンテンツをクリアする予定ですが、もちろんすべてではありません。

Ted Sarandos氏

Netflixの広告付きプランの詳細について

Netflixは先日Microsoftと提携し、広告付きプランを提供する事を発表した。

この提携の詳細は現時点では不明だが、MicrosoftはNetflixを “技術と営業 “で支援するとしている。ユーザーに表示される広告はすべてMicrosoftのプラットフォームに基づいており、同社は顧客の情報を保護するとしている。

Netflixは、加入者数の減少について、アカウントを友人や家族と使い回すユーザーに原因があるとしている。同社によると、1億人以上が加入料を払わずにNetflixを利用しているという。同社は現在、Netflixのパスワードを他人と共有したユーザーに課金する実験的な機能をラテンアメリカで展開している。

とはいえ、Netflixの最も安いプランは、1つのデバイスで480p(アナログテレビ相当)の画質でしかコンテンツが見られず、月額990円だ。ちなみに、Apple TV+とDisney+は、デフォルトで4Kコンテンツが視聴でき、月額990円だ。こう見るとNetflixは割高だ。

Netflixの加入者数減少は、景気後退の影響もあり、消費者の支出が減らされてきている中で、競合他社が魅力的な料金体系、独自コンテンツを増やしており、Netflixの魅力、契約へのプライオリティが相対的に低くなってきていることが大きな要因ではないだろうか。

広告付きプランについては、NetflixとMicrosoftは、2023年中に顧客にロールアウトするとしている。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする