あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

今や買い切り型のアプリはほとんどなく、そのほとんどがサブスクリプションプランを備えたフリーミアムのビジネスモデルを展開してるが、RevenueCatが最近発表した3万以上のアプリを調査した結果によると、そうしたサブスクリプションプランを採用したアプリの置かれた現状が浮き彫りにされている。それによると、ほとんどのアプリは、月収1,000ドルを達成する事にすら苦労しているようだ。

RevenueCatは、モバイルアプリ向けのサブスクリプション・ツールキットを提供している。今回発表された調査は、同社がアプリ内サブスクリプションSDKを使用して、AppleのApp StoreとGoogleのPlay Storeにおけるアプリを独自に調査した物だという。

レポート内容に触れる前にいくつかの注意点を指摘しておこう。まず、調査したすべてのアプリは報告されていない。RevenueCatは、Reuters、Buffer、Goodnotes、PhotoRoom、Notionが顧客である事は明らかにしている。また、同社によると、アプリ内サブスクリプション・プラットフォームを持つアプリの90%がRevenueCatを利用しているとしているが、「ニッチなインディーズアプリからトップ100のサブスクリプションアプリのいくつかまですべてをサポートする」と主張するように、逆に言えば、トップ100のサブスクリプションアプリのほとんどはこの調査に含まれていないことを示唆している。

こうした前提の上でレポートを見ていこう。月間サブスクリプションが1,000ドルに達するアプリは全体の17.2%に過ぎないが、そこに達したアプリはより容易に成長する事が明らかになった。月間収益が1,000ドルに達するアプリの約59%は2,500ドルに達し、そのうちの60%は5,000ドルに達するという。

Chart 31final

RevenueCatの数字は、モバイルサブスクリプションアプリ間の収益シェアにおける強い不均衡を指摘している。レポートでは、ローンチから12ヶ月後、上位5%のアプリは下位4分の1の200倍以上の収益を上げていることがわかった。新規アプリの場合、1年後の月額収益の中央値は「50ドル弱」である。

Chart 33final

「上位10パーセント、あるいは上位5パーセントのパフォーマーにセグメントダウンすると、月収は223ドル(上位4分の1)から971ドル(Q90)、2,352ドル(Q95)へと急激に増加する」と、レポートは述べている。

それでも、広告支出は下がり続け、開発者はアプリのメンテナンス、サポート、進化をサポートするための経常収入を得る方法を探しているため、サブスクリプションは開発者の主要な戦略であり続けると予想される。RevenueCatの調査は、モバイルアプリ開発者レポートプラットフォームAppfiguresの共同設立者兼CEOであるAriel Michaeli氏のコメントを引用し、同社のデータによると、2023年には59,000の新しいサブスクリプション型アプリが登場すると述べている。

サブスク疲れ

モバイルアプリのサブスクリプションにおける課題には、アプリにお金を払うことを納得させるだけでなく、何度も納得させることも含まれる。RevenueCatによると、2023年のレポートと比較して、1年後に維持された月額購読者の割合は14%減少し、「ベストパフォーマーもワーストパフォーマーも同様に影響を受けた」という。

その他の洞察として、月額プランの初回更新率は中央値で60%以上であるが、3回目の更新時には36%しか維持されていない。ちなみに、日本のアプリユーザーの初回更新率中央値は62%で、世界のどの地域よりも有意に高い更新率だったという。

Chart 22final

定期的な課金を望むモバイルアプリの開発者は、サブスクリプションの疲労からますます遠ざかるユーザー層にアピールすることに苦労している。

サブスクリプション・マネタイゼーション・コンサルティング会社であるSubscription Indexの創設者であるDan Layfield氏は、RevenueCatのレポートの中で次のように述べている。「本当に繰り返し利用されるユースケースに位置する製品では、消費者にとってもビジネスにとってもWin-Winになる可能性がある」。

モバイルアプリのサブスクリプション料金は、来年にかけて上昇すると予想されている。RevenueCatの2023年レポート以降の1年間で、平均月額料金は7.05ドルから8.01ドルへと14%上昇した。顧客獲得コストの増加、プレミアムアプリのように見せることへの関心、AIなどの懸念は、モバイルアプリ開発者に経済的な課題をもたらし、価格設定に影響を与える可能性がある。

RevenueCatのJacob Eiting CEOは、「多くのアプリが値上げ(インフレによる値上げ)をしており、それが解約につながるのは当然です。全体として、エコシステム全体はかなり成長しているように見えますが、いくつかの再調整がありました」と、述べている。

しかし、RevenueCatはまた、来年にかけて、アプリ内課金やアフィリエイトマーケティングのような他の収益源を開発者がより多く試すようになると予想している。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする