あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

YouTubeは収益向上のため、ユーザーに有料サブスクリプションプラン「YouTube Premium」に切り替えるよう働きかけている。もちろん、有料プランに加入をしなくてもYouTubeを視聴することはこれまで通りに可能だが、その代償として、多くの広告を視聴する必要がある。

これに対抗するために、ユーザーは広告ブロッカーを利用し、有料サブスクリプションプランに加入せずに広告のスキップを行っていたが、YouTube側はこうしたプログラムの使用を検出し、意図的にロード時間を遅くすることでユーザーの回避策に対応する計画があることが伝えられていた。

そして今回、RedditユーザーのNightMeanが指摘したように、YouTubeは現在、この特定の広告ブロックブロッカー対抗策を講じているようだ。広告ブロッカーが有効な状態では、読み込み速度が顕著に低下している事を報告している。このスレッドにいる他の数人のユーザーも同意見で、速度低下をインターネット速度の低下と勘違いしている人もいたようだ。広告ブロッカーを無効にすると、ロード時間は大幅に改善されると報告されている。

Youtube started slowing video buffer with adblock enabled
byu/NightMean inyoutube

9to5Googleのスタッフが実際に試してみたところ、遅いバッファリングに直面し、フルスクリーンやシアターモードにすることさえできず、ページの更新が必要であることがわかった。さらに、この状態ではプレビューの一部が正しく読み込まれないことも判明した。

TEXALでも確認してみたが、こうした現象は見られなかった。この広告ブロッカー対策は、現時点では一部の地域に限られている可能性を示唆している。

11月の声明で、YouTubeの広報担当者は、広告ブロックを利用している一部のユーザーが、プラットフォーム上での読み込み時間の遅さを含む「最適でない視聴」に見舞われる可能性を示唆した。YouTubeはこの動作をより多くのユーザーに拡大し始めているようだ。一部の幸運なユーザーはこの新しい制限を回避できるかもしれないが、YouTubeは広告ブロッカーを無効にするか、YouTube Premiumへの加入を促進しており、そのための新たな施策を今後も行っていくだろう。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする