あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

The Vergeによると、Netflixは本日行われた決算報告の中で、料金プランにメスを入れ、広告なしの最安プランであるベーシックを段階的に廃止することを明らかにしたとのことだ。この変更は、2024年第2四半期にイギリスとカナダを皮切りに行われ、アメリカやその他の国もそれに続きベーシックプランの段階的な廃止が行われるという。

以下は株主宛ての手紙からの引用である:

広告ビジネスを拡大することは、中長期的に新たな収益と利益を獲得するチャンスです。23年第4四半期は、前四半期と同様、広告会員数が前四半期比で70%近く増加しました。これは、ダウンロードなどのサービス改善と、広告市場における新規会員および再入会会員向けのベーシックプランの段階的廃止に支えられたものです。

現在、広告市場における Netflix の契約数の 40%を広告プランが占めており、第 2 四半期のカナダと英国を皮切りに、広告対象国の一部でベーシックプランの廃止を検討しています。広告主側では、お客様に提供するターゲティングと測定の改善を続けています。

ベーシックプランの廃止によって、Netflixは現状以下の3プランに集約されることになる。

  • 広告つきスタンダード: 月額790円
  • スタンダード:月額1,490円
  • プレミアム:月額1,980円

既にNetflixはベーシックプランの新規受付を2023年夏に停止してたため、このプランの廃止は時間の問題とみられていた。また、スタンダードとプレミアムプランの値上げも行い、購入するコンテンツの幅の拡充に努めている。

Netflixのこうした“値上げ”にもかかわらず、同社の施策が功を奏しているのか、本日の決算報告では2023年最終四半期に1310万人の加入者を増やし、全世界で2億4700万人になったと発表している。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする