あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Vulkan APIの最新バージョン、Vulkan 1.3.274が、H.264およびH.265のビデオストリームのデコードとエンコードをサポートすることが、Khronos Groupによって正式に発表された。この進展は、ビデオコーデックの領域において重要な意味を持つ。特に、H.264とH.265は最も普及しているビデオコーデックの一つであり、このサポートにより、ゲーム開発を含む多くの分野での応用が期待されるからだ。

2023 blog vulkan video 1
Vulcanビデオ拡張機能 (Credit: Khronos)

Vulkan Video拡張機能は、ソフトウェア開発者がビデオアクセラレーションを標準化された、シームレスで、低オーバーヘッドな方法で扱うことを可能にする。これまで、開発者はサードパーティのビデオコーディングライブラリに依存していたが、Vulkan APIにより、リアルタイムで低遅延のストリーミング機能だけでなく、オフラインのサーバースケールのトランスコーディングプラットフォームへのアクセスも提供される。

2023 blog vulkan video 2
Vulkanのビデオエンコーディングプロセス (Credit: Khronos)

さらに、Khronos GroupはAV1ビデオデコードのサポートを既に進行中であり、その後のエンコードサポートも開発中と述べている。AV1デコーディング拡張のリリースは間近であるようだ。

新しいVulkan Video拡張機能を試したい開発者は、サポートを提供する最初のベータドライバーをダウンロードすることができる。NVIDIAがWindowsおよびLinuxシステム用のドライバーを既に提供していおり、IntelとAMDのドライバーも近日中に提供される予定だ。

Vulkan APIの進化は、ビデオコーディングの分野において新たな可能性を開くものであり、今後の展開が期待される。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする