人間の心臓の中からマイクロプラスチックが見つかった

masapoco
投稿日
2023年8月12日 7:51
human heart

知らないうちに自分の体内にプラスチックが入り込んでいるとしたらどうだろうか?それも、口から飲み込んだ物が、胃の中から見つかったと言うのではなく、想像もしていないような臓器から見つかったとしたら?

今回、マイクロプラスチックが人間の心臓とその内部組織に入り込んでいることが、世界で初めて確認された。この健康への影響はまだ不明だが、世界のプラスチック問題が、我々の考えている以上に深刻である可能性を示唆する物だろう。

知らないうちに入り込むマイクロプラスチック

人間のマイクロプラスチックの年間摂取量は、年齢や性別にもよるが、39,000~52,000個にも上る。空気中からの吸入や、ペットボトル入りの飲料水を多く摂取する場合は、これが2倍以上になる可能性もある。マイクロプラスチックの大きさは1μmから5mmと極微小なサイズで、実は既に我々の血液、脳、精液にまで入り込んでいるのだ。

そして今、試験的研究で、マイクロプラスチックが心臓組織にも存在することが判明した。

新しい研究では、中国の北京安真病院の科学者たちが、心臓手術を受けた15人の患者から心臓組織のサンプルを採取し、手術前と手術後の血液サンプルも採取した。

研究チームは、レーザー直接赤外化学イメージングシステムと走査型電子顕微鏡を使って調査した結果、手術前と手術後の両方の組織にマイクロプラスチックが存在することを発見した。「ほとんどの組織サンプルから数十から数千のマイクロプラスチック片を検出した」という。

研究チームはまた、参加者の半数から手術前と手術後の両方で血液サンプルを採取した。血液サンプルからは、術前術後ともに9種類のマイクロプラスチックが検出された。マイクロプラスチックの最大直径は184μmであった。これらのマイクロプラスチックの一部は、手術が行われる前から存在していたことが明らかである。

血液サンプルでは、マイクロプラスチックの種類と直径の分布が外科手術後にサイズの変化を示したことから、マイクロプラスチックが手術中にも体内に入り込んだ事が示唆された。

研究チームは、左心房付属器、心外膜脂肪組織、心膜脂肪組織からポリメタクリル酸メチル(ガラスの代替品として一般的に使用されているプラスチック)の微小粒子を確認した。

その他のプラスチックとしては、ポリエチレンテレフタレート(衣料品や食品容器に広く使用されている)、ポリ塩化ビニル(建築や建設に広く使用されている)などが検出された。

発見された9種類のプラスチック

しかし、研究者らは、マイクロプラスチックがすべての組織サンプルに普遍的に存在するわけではないことを指摘した。5種類の組織から9種類の粒子が検出され、最大のものは直径469μmであった。

毎分トラック1台分のプラスチックごみが海に投棄され、約1,400万トンのマイクロプラスチックが海底に眠っていると推定されている。世界的にプラスチックの消費を減らす努力がなされているにもかかわらず、この数は増加の一途をたどっている。

「生体内でマイクロプラスチックが検出されたことは憂慮すべきことであり、マイクロプラスチックが心臓組織にどのように入り込むのか、また心臓手術後の長期予後にマイクロプラスチックがどのような影響を及ぼす可能性があるのかを調べるためには、さらなる研究が必要である」と、研究者らは述べている。


論文

参考文献

研究の要旨

マイクロプラスチックはヒトの便、肺、胎盤から検出されており、口腔/肛門腔、子宮/膣腔を含む様々な体腔を通して外部環境に直接暴露されている。完全に密閉されたヒトの臓器におけるマイクロプラスチック暴露に関する重要なデータはまだ不足している。ここでは、レーザー直接赤外化学イメージングシステムと走査型電子顕微鏡を用いて、ヒトの心臓とその周辺組織にマイクロプラスチックが存在するかどうかを調査した。マイクロプラスチック標本は、心膜6個、心外膜脂肪組織6個、心膜脂肪組織11個、心筋3個、左心房付属器5個、術前・術後の静脈血7組を含む15人の心臓手術患者から採取した。マイクロプラスチックはすべての組織サンプルに普遍的に存在するわけではなかったが、5種類の組織で9種類が検出され、最大のものは直径469μmであった。また、術前・術後の血液サンプルからも9種類のマイクロプラスチックが検出され、その最大径は184μmで、血液中のマイクロプラスチックの種類と径の分布は、外科手術後に変化を示した。さらに、左心房付属器、心外膜脂肪組織、心膜脂肪組織におけるポリ(メタクリル酸メチル)の存在は、手術中の偶発的な暴露によるものとは考えられず、心臓手術を受けた患者におけるマイクロプラスチックの直接的な証拠となった。手術がマイクロプラスチックの混入に与える影響と、内臓に混入したマイクロプラスチックが人体に及ぼす潜在的影響について、さらなる研究が必要である。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • SK hynix LPDDR5X 24GB 02
    次の記事

    SK hynix、スマートフォン、PC、HPC向けに24GB LPDDR5X-8500スタックを発売

    2023年8月12日 8:44
  • 前の記事

    Samsung、256TB SSDやペタバイト・スケールの「PBSSD」をアピール

    2023年8月12日 7:25
    Samsung 990 Pro PCIe Gen 5 SSD 1 low res scale 4 00x 1480x888 1
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • oura ring

    スマートリングの超精密動作トラッキングがウェアラブル技術を次のレベルに押し上げる

  • 59349164314eea1e41dc441183b8ca5a

    AIの過剰な水消費は環境への貢献を帳消しにするかも知れない

  • floods

    Google、AIを用いて最大7日前に洪水を予測することに成功

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • laziness office work

    座りっぱなしは健康に悪く、運動しても有害な影響を相殺することはできないらしい

今読まれている記事