あなたが朝型か夜型かを知ることで、テストや仕事の成績が上がるかも知れない

The Conversation
投稿日
2023年11月7日 11:23
day and night

タイミングがすべてだ。早起きも夜更かしも、体内時計に耳を傾けることが成功への鍵かもしれない。教室から法廷まで、そしてそれ以外の場所でも、人は自分の概日リズムに合った時間帯に、困難な仕事で最高のパフォーマンスを発揮する。

概日リズムは、1日を通して人の生理的・知的機能を動かす強力な体内時計である。この概日リズムのピークは個人差がある。ヒバリ型やモーニング・クロノタイプと呼ばれる人の中には、ピークが早く、午前中に最高の状態になる人もいる。また、フクロウやイブニング・クロノタイプと呼ばれる人は、ピークが1日の後半にあり、午後遅くか夕方に最高のパフォーマンスを発揮する。また、朝型と夜型のどちらも好まず、中立的なクロノタイプとされる人もいる。

認知機能を向上させる方法を探る研究者として、私はクロノタイプが精神的パフォーマンスに影響するかどうかを探ってきた。一日の中でどのような精神的プロセスが変化するのか、あるいは安定したままなのかを理解することで、パフォーマンスを最適化するような仕事のスケジュールを立てることができるかもしれない。

クロノタイプが重要な理由

クロノタイプは簡単なアンケートで測定することができ、覚醒度、好みの起床・退社時間、1日のパフォーマンスなどを評価することができる。アンケートを取らなくても、たいていの人は自分がヒバリ派かフクロウ派か、あるいはその中間派かといった感覚を持っている。目覚ましをかけずに早起きして、頭が冴え ているか?精神的に疲れて、9時にはパジャマに着替えている?もしそうなら、あなたは朝型である可能性が高い。遅くまで寝ていて、目覚めるとだるくてぼんやりしている?夜遅くまで元気?もしそうなら、あなたは夜型の可能性が高い。

人は、注意力や学習力、問題解決や複雑な意思決定など、多くの困難な精神的作業において、その行動が個人の概日リズムピークと同期しているときに最高のパフォーマンスを発揮する。これは同調性効果として知られている。航空管制官がレーダーをスキャンしているときでも、CFOが決算報告書を検討しているときでも、高校生が化学を学んでいるときでも、同調性はパフォーマンスの良し悪しに影響する。

同調性効果の証拠の多くは、早朝と深夜にヒバリとフクロウの両方をテストした実験室研究から得られている。強いクロノタイプを持つ人は、ピーク時に比べてオフピーク時に警戒心が強く、注意を持続させる能力が高い。彼らの記憶はより鋭く、リストをよりよく思い出し、薬を飲むような “やること”をよりよく思い出すことができる。

また、人は最適な時間帯になると、心がさまよいにくくなり、気が散りにくくなる。例えば、私が行った研究では、参加者に関連性の弱い3つの手がかり単語(「船」、「外」、「クロール」など)を与えた。参加者は、3つの単語(例えば「宇宙」)を結びつける別の単語を見つけるという課題を与えられた。私のチームと私は、手がかりとなる単語と一緒に誤解を招くような単語を提示したところ(たとえば、「船」なら「海」、「外」なら「内側」、「ハイハイ」なら「赤ちゃん」)、同期してテストを受けた被験者は、そうでない被験者よりも誤解を招く単語を無視して目的の解を見つけるのが得意だった。

同調性は、説得、推論、意思決定といった高度な認知機能にも影響を与える。消費者を対象とした研究によると、人はピーク時になると、より分別がつき、疑い深くなり、分析的になる。与えられた仕事により多くの時間と労力を費やし、重要な情報を探す傾向が強い。その結果、人々はより良い投資判断を下し、バイアスがかかりにくくなり、詐欺を発見しやすくなる。

ピークでない時間帯は、問題解決に時間がかかり、慎重さを欠き、精神的な近道に依存する傾向があるため、派手なマーケティング・スキームに陥りやすい。倫理的な行動も、最適でない時間帯では損なわれる可能性がある。

教室でも診療所でも

注意力、記憶力、分析的思考力など、同調性によって影響を受ける基本的な精神能力は、すべて学業の成功に貢献する能力である。この関係は、夜更かしをしがちでありながら通常早く学校に通い始める10代の若者にとって特に重要である。

ある研究では、700人以上の青少年を早朝、深夜、午後の試験時間に無作為に割り付けた。午前中の試験では、フクロウはヒバリよりも点数が低かったが、午後の試験ではフクロウの点数は低かった。試験開始時間が早いと、フクロウはヒバリに一歩遅れてしまうのかもしれない。

注意欠陥障害やアルツハイマー病のような認知障害の評価を行う際にも、時間帯が考慮されることがある。高齢者はヒバリの傾向があり、若年者よりも大きな同調効果を示すことが多い。これらの状態を評価するために使われるいくつかの主要な神経心理学的測定では、ピーク時の方が成績が良い。同調性を考慮しないと、診断の正確さに影響し、臨床試験の適格性や治療効果に関するデータに影響を及ぼす可能性がある。

もちろん、同調性はすべてのタスクやすべての人のパフォーマンスに影響を与えるわけではない。単純で簡単なタスク、例えば、見知った顔や場所を認識したり、親しい友人の電話番号にダイヤルしたり、好きなレシピを作ったりするようなタスクは、一日の中で変化することはまずない。さらに、ヒバリでもフクロウでもない若年成人は、一日のパフォーマンスの変動が少ない。

本当の早起きや夜更かしをする人は、個人的な概日リズムのピークに合わせた時間帯に最も困難な精神的課題に取り組むことで、成果が向上する可能性がある。パフォーマンスの小さな向上が本質的な優位性をもたらす場合、同調性は成功の秘訣のひとつかもしれない。


本記事は、Cindi May氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「What’s your chronotype? Knowing whether you’re a night owl or an early bird could help you do better on tests and avoid scams」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Cities Skylines II Key Art
    次の記事

    『Cities: Skylines II』が激重である理由はUnityにあった

    2023年11月7日 11:51
  • 前の記事

    キヤノンのナノインプリント装置は半導体業界を一変する可能性を秘めている

    2023年11月7日 10:57
    20231013 1
この記事を書いた人
The Conversation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • judgment

    犯罪を予測するアルゴリズムが監視し、配られたカードで私たちを判断する

  • oura ring

    スマートリングの超精密動作トラッキングがウェアラブル技術を次のレベルに押し上げる

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • laziness office work

    座りっぱなしは健康に悪く、運動しても有害な影響を相殺することはできないらしい

  • granola

    筋肉をつけたい?炭水化物がタンパク質と同じくらい重要な理由

今読まれている記事