Huawei、米制裁をかわすために1万3000個の部品を交換・再設計

masapoco
投稿日 2023年3月20日 6:22
tsmc semiconductor fab14 production 1

中国のハイテク企業であるHuaweiは、中国軍との関係が疑われるため、長年にわたり米国の制裁が課せられている。

South China Morning Post(SCMP)の報道によると、同社は今回、制裁を克服するために過去3年間に13,000個の部品と4,000個の回路基板を交換・再設計しており、その方法を明らかにしている。

Huaweiの創業者であるRen Zhengfei氏は、自分は “反西側”ではないと言った。

「しかし、突然、制裁を受け、部品や道具を提供してもらえなくなり、頭が真っ白になった」とRen氏はスピーチ原稿で語っている。

2月に行われた講演では、技術的な課題解決に協力してくれた一般市民や学識経験者に感謝の意を表した。

同氏は講演の中で、Huaweiが国内資源を使って交換部品を生産したことで、回路基板の生産が「安定した」と述べた。

Huawei翌月に展開する資源計画システムMetaERPは、独自のオペレーティングシステム、データシステム、コンパイラ、言語を完全に活用することになると付け加えた。

Ren氏は、若いころは欧米の技術を支持し、Huaweiを創業したときも、Huaweiが米国と紛争を起こすまで、欧米の技術を賞賛し続けたと強調した。

また、米国の制裁により、かつて利益を上げていたスマートフォン産業が打撃を受けたため、Huaweiは現在、伝統的な分野のプロセスのデジタル化を支援するなど、エンタープライズソリューションに力を入れている。

Ren氏によると、同企業は2022年に238億ドルを研究開発に投資した。

また同氏は、MicrosoftのOpenAIが人工知能の分野で単独で優位に立つことはないと断言した。

この分野では、より大きなコンピューターパワーが必要となり、Huaweiの製品への需要が高まると彼は続ける。プラットフォームは、彼のビジネスが追求するものではない、と彼は付け加えました。

南京、北京、上海交通などの大学が発表した正非のスピーチには、長年にわたる米国の規制を回避するためのHuaweiの努力が垣間見られるとSCMPは報じている。

同社が独自のリソースや技術を生み出すことに注力していることを考えると、Huaweiが世界のハイテク市場でどのように発展し、競争していくかは不明だ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • hdd
    次の記事

    ストレージ修理業者が蓄積したデータから、故障しやすいメーカーが明らかに

    2023年3月20日 6:59
  • 前の記事

    Musk氏、Twitterのオススメ表示アルゴリズムのオープンソース化を3月31日に行う事を発表

    2023年3月20日 5:41
    twitter icon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事