HuaweiのAIチップ「Ascend 910B」はNVIDIA A100をしのぐ性能を誇る可能性

masapoco
投稿日
2024年3月4日 6:52
huawei ascend

米国の制裁によりHuaweiの半導体開発が制限されているにもかかわらず、同社は様々な国内サプライヤーとの提携を通じてチップ事業を強化している。その成果の1つとして、AIチップ「Ascend 910B」が開発されたが、半導体調査会社SemiAnalysisの調査によると、この新たなAIチップはAI処理能力において、これまで中国企業の多くが依存していたNVIDIAのA100 GPUと同等か、やや優れた性能を示していることが明らかになったようだ。

このチップは、中国のSMIC(Semiconductor Manufacturing International Corp)が7nmプロセスで製造したもので、すでに本土の流通チャネルを通じて入手可能だという。

ちなみに、8月にはBaiduが1600個のAscend 910Bチップを発注したとReutersによって報じられており、iFlytekはHuaweiのAscendチップをベースにしたFeixing Oneコンピューティングプラットフォームを発表した。

業界関係者やアナリストは、NVIDIAが米国の制裁により限られた性能のAIチップしか販売できない中国において、このチップはNVIDIA製品に取って代わる可能性があると見ている。

このチップは、2019年8月に発売されたAscend 910の後継となる。国家安全保障上の懸念を理由に米国への輸入が禁止されていた。Huaweiは910Bについて公式にコメントしていない。

NVIDIAと同様に、Huaweiはハードウェアとソフトウェアの統合を最適化したいと考えている。Huawei独自のCompute Architecture for Neural Networksプラットフォームは、Ascendのハードウェアとソフトウェアを組み合わせ、AIチップの性能を最大化する。しかし、登録開発者が200万人を超えるNVIDIAのCUDAエコシステムには、Huaweiはまだ遠く及ばない。

NVIDIAは、H20 GPUやおそらくRTX 4090のローカライズ版など、中国市場専用の新しいAIチップをいくつか開発している。

しかし、当初11月16日に発売が予定されていたH20チップの発売は、サーバーメーカーとの統合問題のため、2024年第1四半期まで延期された。この延期は、中国におけるNVIDIAの市場シェアに影響を与え、Huaweiのような地元の競合他社に利益をもたらす可能性がある。

H20に加え、NVIDIAはL20とL2チップも中国で販売する予定だ。この新しいチップは、NVIDIAの高度なAIチップであるA800とH800の出荷を妨げる米国の輸出規制の強化に対応するものである。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • apple vision pro displays
    次の記事

    まだVision Pro向けの最高の動画を撮影出来るカメラは存在しない

    2024年3月4日 10:16
  • 前の記事

    ChatGPTやGeminiを感染させるAIワームは機密データを盗み出しマルウェアを効果的に拡散させる

    2024年3月4日 6:15
    gen ai worm
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Intel glass substrate 5

    Appleがガラスコア基板の採用に向けて協議を進めている

  • 91e8dabaf1443f77337f70a1a1d01707

    中国ハイテク大手Huawei、2023年の利益は2倍超に

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

今読まれている記事