あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Twitterに対抗するソーシャルメディアアプリThreads」の登場は、まさにゲームチェンジャーだ。

FacebookとInstagramも所有するMeta社は、予定より早く昨日、新しいプラットフォームを立ち上げた。Threadsはほぼ即座に歓迎された–特に、自分たちの愛するプラットフォームがElon Muskの手によって崩れ去るのを落胆して見ていたTwitterユーザーの大群によって。

24時間足らずで、Threadsは約3000万人のユーザーを集めた。Metaはすでに20億人以上のInstagramユーザーを抱えており、彼らのアカウントを直接リンクさせることができるため、Threadsのユーザーベースは急速に拡大するだろう。

Post by @zuck
View on Threads

白と黒のシンプルなフィードと、他の人の「スレッド」に返信、ラブ、引用、コメントできる機能で、ThreadsとTwitterの類似点は明らかだ。

問題は、Threadsが最終的にTwitterを追い落とす存在になるかどうかだ。

我々は以前にもここにいた

昨年10月、Elon MuskがCEOに就任したとき、Twitterユーザーはなすすべもなく見守った。Mastodonは最初の「脱出計画」だった。しかし、その分散型サーバーは使いづらく、混乱しがちで、それぞれのサーバーでコンテンツのルールやコミュニティが大きく異なっていた。

多くのTwitterファンは、Twitterのクラッシュに備えてMastodonの「バックアップ」アカウントを作成し、Muskが次に何をするのかを待った。待つ時間は長くはなかった。MuskがTwitterのスタッフを解雇し始めると、プラットフォームは不安定になり、機能停止が頻発するようになった(彼は現在、Twitterの元々の従業員の約80%を解雇している)。

その直後、MuskはTwitterの認証システムを改悪し、「青いティック」保持者に認証の特権を得るための支払いを強制することで、ユーザーを恐怖に陥れ、見出しを飾った。これにより、アカウントのなりすましや誤った情報の共有が大規模に行われるようになった。一部の大企業ブランドは、広告費を持ってこのプラットフォームを去った

Muskはまた、BBCのような信頼できる報道機関を「国営」メディアとレッテルを貼ったが、世論の反発で撤回を余儀なくされた。さらに最近では、ユーザーが閲覧できるツイートの数を制限し始め、TweetDeck(Tweetをスケジュール管理するツール)を有料アカウントに限定すると発表した。

Twitterユーザーは、SpoutibleやPostなどいくつかの代替ツールを試してきた。Twitterの共同創設者Jack Dorseyが開発したBlueskyは、地歩を固めつつあるが、招待制の登録プロセスであるため、その成長は限られている。

Twitterフォロワーの想像力をかき立てるものはなかったのだ・・・今までは。

コミュニティが成功の鍵

Muskが君臨する以前、Twitterは長年にわたって成功を収めていた。Twitterは長い間、ジャーナリスト、政府、学者、一般市民が、その時々の重要な問題について情報を共有する場となっていた。緊急時には、Twitterはリアルタイムの支援を提供した。最悪の災害時には、ユーザーが情報を共有し、命を救う決断を下した。

荒らしやボット、ネット上の悪用など、欠点がないわけではないが、Twitterの認証プロセスや不適切なコンテンツをブロックしたり報告したりする機能は、繁栄するコミュニティを築く上で成功の中心だった。

これはまた、Threadsが競合他社と一線を画している点でもある。ThreadsをInstagramにリンクさせることで、Metaは主要なプラットフォームとしての地位を確立するために必要なクリティカルマスのユーザーに到達するための重要なスタートを切った(Mastodonは享受できなかった特権だ)。

Threadsのユーザーはユーザー名を保持できるだけでなく、Instagramのフォロワーを連れてくることもできる。Twitterと同じような体験を提供するアプリでコミュニティを維持できることが、Threadsを最大の脅威にしているのだ。

私の調査によると、人々はオンライン情報に関わるとき、権威性、信頼性、コミュニティを最も切望している。共著者であるDonald O. Case、Rebekah Willsonと私は、新著の中で、ユーザーがどのように自分が知っていて信頼できる情報源から情報を検索するかを説明している。

Twitterのファンは、同じような機能を持つ代替プラットフォームを求めているが、最も重要なことは、「自分の仲間」を素早く見つけたいということだ。コミュニティを再構築する必要はないのだ。これが、MuskがTwitterを地に堕とすようなことをしても、多くの人がTwitterに留まっている理由だろう。

前途多難

もちろん、Twitterユーザーもフライパンから火の中に飛び込むことに不安を感じているかもしれない。別のMetaアプリに登録することには、それなりの懸念がつきまとう。

細則を読んだ新規Threadsユーザーは、自分の情報が両方のプラットフォームで「広告やその他の体験をパーソナライズ」するために使用されることに気づくだろう。また、Instagramのアカウントを削除した場合のみ、Threadsのアカウントを削除できるとユーザーから指摘されている。

このような定着は、一部のユーザーにとっては不快かもしれない。

さらにMetaは昨日、規制上の懸念から欧州連合(EU)域内ではThreadsを発売しないことを決定した。EUの新デジタル市場法は、スレッズに難題を突きつける可能性がある。

例えば、同法は、企業が「効果的な同意を得ることなく、ターゲット広告の目的で(自社の)コア・プラットフォーム・サービス以外のエンドユーザーを追跡する」ことはできないと定めている。これはThreadsのプライバシーポリシーに抵触する可能性がある。

Metaはまた、Threadsを最終的に分散型インフラに移行させる計画も発表している。アプリの「Threadsの仕組み」の詳細では、「Threadsの将来のバージョンはフェディバースと連動する」とし、「人々がMastodonを含む異なるプラットフォーム上でお互いをフォローし、交流する」ことを可能にするとしている。

つまり、人々はThreadsにサインアップしなくても、Meta以外のアカウントからThreadsのコンテンツを見たり、交流したりできるようになるということだ。ActivityPub標準(プラットフォーム間の分散型相互運用を可能にする)を使えば、ThreadsはWordPress、Mastodon、Eメールサーバーと同じように機能することができる。

Threadsがいつ、どのようにしてこの分散型エンゲージメント計画を達成するのか、そしてそれがユーザーの体験にどのような影響を与えるのかは不明である。

Metaは「企業秘密」を盗んだのか?

Muskに関しては、戦わずして倒れることはないだろう。Threadsのリリースからわずか数時間後、Twitterの弁護士Alex Spiroは、Metaが企業秘密を「組織的」かつ「違法に流用」したと非難する書簡を発表した

この書簡では、Meta社に雇われた元Twitter社員が、「数ヶ月のうちにMeta社の模倣アプリ『Threads』を開発する」ために「意図的に割り当てられた」と主張している。報道によると、Metaはこれらの主張に反論しているが、両社の対立はまだ終わっていないようだ。


本記事は、Lisa M. Given氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Why Meta’s Threads app is the biggest threat to Twitter yet」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする