あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

CHIPS法の可決が遅れる場合、米国ファブの遅延に繋がると警告をしている

グローバルファウンドリーズIntelは、米国上院が今後数週間のうちに政府の半導体生産補助金法案を可決できなかった場合、新しいファブの展開を遅らせなければならないかもしれない。建物自体は建設される可能性が高いが、米国からの補助金がなければ製造ツールは装備されないのだ。

グローバルファウンドリーズのCEOであるトーマス・コールフィールド氏は、今週のReutersとのインタビューで、「早急に行うには、政府の共同投資が必要だ。フリーキャッシュフローは十分出ているが、投資をするためにはバランスシートを充実させなければならない」と語っている。

一方、CHIPS法は火曜日に米国上院の最初の手続き上の関門を通過し、より広い議論と最終的な承認への道をクリアしたとSeeking Alphaは報告している。

グローバルファウンドリーズは昨年、ニューヨーク州マルタにあるFab 8の生産能力拡張に10億ドルを割り当てた。同社は、製造能力をさらに強化するために、同州に全く新しいファブを建設するとしている。しかし、そのファブを建設するために、グローバルファウンドリーズは政府からの補助金を必要とし、施設の建設と装備を迅速に行う必要がある。米国の国家安全保障や経済にとって重要な軍などが使用するチップを製造するファウンドリーは、支援がなければ、このプロジェクトをスローダウンせざるを得ないだろう。

2021年初頭に提案されたCHIPS法がまだ法律になっていないため、新しいファブプロジェクトが遅れる可能性について米議員に警告した米半導体企業のCEOは、コールフィールド氏が初めてではない。1週間ほど前、IntelのCEO、ゲルシンガー氏は、米国が適切な半導体生産補助金立法を通過できない場合、同社はオハイオ州ではなく欧州に新しいメガサイトを建設するかもしれないと発言している

韓国や台湾の半導体メーカーに対抗するため、Intelやグローバルファウンドリーズのような企業は米国で生産能力を増強する必要がある。

CHIPS法では、米国内でマイクロエレクトロニクスを生産するチップメーカーに対して、520億ドルの補助金、助成金、税額控除、各種インセンティブを提供することになっている。米国にとって、より多くのチップを現地で生産することは、経済を活性化させるために重要であり、現代のハイテク兵器には様々なマイクロエレクトロニクス部品が使用されているため、国家安全保障の問題でもあるのだ。

Intel、グローバルファウンドリーズ、TSMC、サムスンなどの企業にとって、米国内に新しい工場を建設するためには、米国政府の補助金が不可欠である。連邦政府や地方自治体からの支援がなければ、これらの企業が期待するほど早くプロジェクトの資金を調達することはできないだろう。最新の最先端ファブは、1期分でも100億ドルを優に超える費用がかかる。一方、Intelは、オハイオ州にあるメガサイト(半導体工場と高度なパッケージング施設の両方を収容する予定)は、完全に構築されるまでに1000億ドルの投資が必要になると発表している。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする