米国成人は毎日たっぷりのスナックを間食で摂っている

masapoco
投稿日
2023年12月19日 13:30
potato chips

アメリカは世界有数の肥満大国だが、その原因の1つである食生活について興味深いが妥当だろうと思われる研究結果が報告された。アメリカの成人は毎日、400〜500キロカロリーのスナック類を摂取していると言う事実が明らかになった。だが、これは間食についての我々日認識を改めて考え直す機会を与えるものでもある。

オハイオ州立大学(OSU)の上級著者Christopher Taylor氏は、「スナック菓子は、実際に食事として食べることなく、食事1食分の摂取に貢献しているのです。夕食の献立は、タンパク質とおかず1品か2品です。しかし、間食に食べるものを食事として食べると、炭水化物、糖質、タンパク質、果物、野菜など、まったく別のシナリオになります。つまり、完全にバランスの取れた食事ではないのです」と述べている。

とはいえ、間食が完全な悪というわけではない。間食は健康的な体重を維持するために重要な役割を果たし、主食の摂取カロリーを減らすのに役立つことが示されている。問題は量と質だ。栄養状態の悪い選択肢を選択するとその効果が無効になるか、却って逆効果になる。

OSUの研究者らが、30歳以上の米国成人23,708人の国民健康栄養調査データを調べたところ、平均してかなりのカロリーを間食として摂っているが、ほとんど効果がないことがわかった。2型糖尿病患者は主食と主食の間に甘いものを食べることは少なかったが、サンプル群全体の平均エネルギー消費量は1日の総消費量の19.5%から22.4%を占めていた。

研究者らは、これは糖尿病やその他の慢性疾患を発症するリスクのある健康な人々にとって、生活習慣の選択ミスによる赤信号であるべきだと考えている。

「糖尿病教育が功を奏しているように見えますが、糖尿病のリスクのある人たちや血糖値が正常な人たちにも、慢性疾患を発症する前に食習慣の改善を開始するための教育を行う必要があるかもしれません」とTaylor氏は語った。

最もよく口にするスナックは炭水化物と脂肪が多く、お菓子やアルコール飲料、乳製品も含まれていた。しかし、リストの一番下には野菜があった。

このデータは参加者の24時間という短い期間しかカバーしておらず、通常の食習慣を反映していない可能性もあるが、研究者たちは、この研究の規模からすると、それでも良いスナップショットだと考えている。

「大勢の人々の実に良いスナップショットが得られたのです。そしてそれは、何が起こっているのか、栄養ギャップはどこにあるのか、我々が提供できる教育は何なのかを理解するのに役立ちます」と、研究者らは述べている。

研究者たちは、間食-それは決して “悪い”習慣ではない-を非難するのではなく、このような研究が、食間の栄養補給に関して、人々がより良い選択をする手助けになることを願っている。

「糖を減らすだけでなく、より健康的な間食パターンにする必要があります。個々の食品を悪者扱いするようになりましたが、全体像を見なければなりません。糖分を取り除いたからといって、ビタミンC、ビタミンD、リン、鉄が自動的に良くなるわけではありません。また、精製された穀物を取り除けば、強化された栄養素を失うことになります。何かを取り除いたら、何かを戻さなければならないのです」。

そして、常識のように思えるが、食事を計画するように間食を計画することは、過剰なカロリー摂取を避けるのに役立つ。

「特にホリデーシーズンは、環境と入手可能なもの、そしてそれに応じて計画を立てることが重要です。そして、”家に何があるか”という買い物行動も重要です。私たちは昼食に何を詰め、夕食に何を作るかを考える。しかし、おやつについてはそのような計画を立てない。だから、自分の環境にあるものに翻弄されることになるのです」とTaylor氏は言う。


論文

参考文献

研究の要旨

成人2型糖尿病患者の間食パターンについてはほとんど知られていない。食事パターンと血糖コントロールをさらに理解するためには、間食がエネルギーと栄養素の摂取にどのように寄与しているかが重要である。本研究の目的は、米国における糖尿病の状態別に成人の間食摂取量を評価することである。2005~2016年に収集された各参加者のNHANES 24時間食事リコール1回分を分析に利用した(n=23,708)。共分散分析を用いて、年齢、人種/民族、収入、配偶者の有無、性別をコントロールしながら、血糖コントロールのレベルによる間食からの栄養素および食品群の摂取量の違いを比較した。この分析の結果、2型糖尿病の成人は糖尿病のない成人に比べ、間食からのエネルギー、炭水化物、総糖質の摂取量が少ないことがわかった。コントロールされている2型糖尿病患者は、他のグループに比べて野菜の摂取量が多く、フルーツジュースの摂取量が少なかったが、一般的に2型糖尿病患者は、糖尿病のない成人や糖尿病予備軍よりも生肉やランチョンミートを多く摂取していた。また、糖尿病でない成人では、すべての間食から摂取される蛋白質が他の群より多かった。本研究は、米国成人の糖尿病患者における一般的な間食パターンを明らかにし、臨床医や政策立案者が食事療法の評価や推奨を行う際に間食を考慮する必要性を強調するものである。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Llamafile 1920x1080.original
    次の記事

    Mozilla、より手軽なAI開発を支援するローカルAI「Llamafile」をリリース

    2023年12月19日 15:35
  • 前の記事

    QualcommはSnapdragon X EliteがAppleのM3よりも21%高速であると主張している

    2023年12月19日 11:47
    snapdragon x elite hero
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • oura ring

    スマートリングの超精密動作トラッキングがウェアラブル技術を次のレベルに押し上げる

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • laziness office work

    座りっぱなしは健康に悪く、運動しても有害な影響を相殺することはできないらしい

  • granola

    筋肉をつけたい?炭水化物がタンパク質と同じくらい重要な理由

  • broccoli

    ブロッコリーに含まれる天然成分が血栓の予防や治療に役立つ可能性が判明

今読まれている記事