あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

サイクロンが国の経済成長を10年遅らせることが研究から明らかになった

研究者たちは、インド、アメリカ、中国、台湾、日本の主要経済圏を対象に、熱帯サイクロンがもたらす炭素の社会的コスト(SCC)を計算した。

長期的被害の貨幣価値

SCCは、大気中に排出される二酸化炭素(CO2)1トンがもたらす長期的な損害の金銭的価値を推定する経済統計である。温室効果ガスの排出による気候変動の社会的・経済的影響を計算するために使用される。

SCCは、政策立案者がさまざまな気候変動緩和イニシアチブのコストと便益を評価するために使用できるツールである。この統計は、将来の気候変動による損害を現在価値に割り引いたものを考慮に入れている。これは、人々が通常、将来の利益や費用よりも現在の利益や費用を重視するという原則を反映したものである。

新しいデータによると、これらの暴風雨の長期的な影響を考慮することで、世界全体のSCCは、既存の政策評価推計と比較して20%以上増加する。

ポツダム気候影響研究所(PIK)の科学者であり著者のHazem Krichene氏は、「強烈な熱帯低気圧は、その国の経済発展を10年以上遅らせる力を持っていることが、我々の分析で明らかになりました。地球温暖化に伴い、最も強烈な熱帯低気圧の割合が増加し、暴風雨の間に経済が適切に回復できない可能性が高くなると予測されています」と述べている。

その結果、熱帯低気圧によって引き起こされる経済成長の低下などの長期的な影響は、暴風雨による直接的な経済的破壊よりも、経済発展に大きな打撃を与える可能性がある。

この新しい研究では、現在のSCCの試算では行われていない、異常気象の長期的な影響を考慮している。「このことは、実際のコストはおそらく現在の推定よりもさらに高く、気候緩和の恩恵は結果的に過小評価されていることを意味する」とPIKの共著者Franziska Piontek氏は述べた。

サイクロンの発生しやすい41カ国を調査

研究者たちは、1981年から2015年までの熱帯低気圧の多い41カ国における暴風雨の経済コストを調査し、将来の地球温暖化シナリオを予測した。以前の研究とは対照的に、研究者らは、経済発展に対する厳しい嵐の有害な長期的影響の大部分を説明することができた。

現在政策評価に使用されているSCC推定値と比較したところ、研究者たちは、これらの影響により、統計値が世界全体で20%以上(1トンCO2あたり173米ドルから212米ドル)増加し、極端な事象がより一般的な国では40%以上増加することを発見した。

「異常気象というと、経済的損害に焦点が当てられることが多い。しかし、気候変動がもたらす真のコストと、効果的な気候変動対策によって回避できる気候への影響について社会に情報を提供するためには、これらの事象がもたらす全体的なコストをより定量化することが極めて重要である」と、この研究の著者であるPIKのChristian Otto氏は説明している。


論文

参考文献

研究の要旨

熱帯低気圧は、10年以上にわたって経済発展に悪影響を及ぼす可能性がある。しかし、このような長期的な影響は、温室効果ガス排出の社会的コストに関する気候政策に情報を提供する重要な指標である炭素の社会的コスト(SCC)の現在の推計では考慮されていない。我々は、温帯低気圧の影響を受けた41カ国について、気温に依存する被害関数を導出し、温帯低気圧の持続的な成長効果によって引き起こされる国レベルのSCCを定量化した。中道的な将来の排出量と社会経済発展シナリオの下では、世界のSCCの中央値はCO2トン当たり173米ドルから212米ドルに増加する。この増加は、主に温室効果ガス排出大国であるインド、アメリカ、中国、台湾、日本が強く影響している。このことは、気候政策の恩恵が現在大幅に過小評価されている可能性を示唆している。したがって、政策評価において異常気象の被害を十分に考慮することは、気候変動対策の決定的な欠如を防ぐのに役立つかもしれない。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする