あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

公式に発表された。2023年は、2016年に記録された過去最高気温を大幅に更新し、これまでで最も暑い年となった。昨年はまた、産業革命以前の平均気温(1850-1900年)を1.5℃(1.48℃)近く上回った初めての年でもあった。私たちは、科学者たちが長期的な温暖化を抑えるよう促した閾値に近づいている。

元NASAの気候学者James Hansen氏を含む何人かの科学者は、2024年が人類にとって初めて1.5℃を超える年になると予測している。かつては気候専門家たちの悲惨な警告が、私たちの共通の現実となりつつある今、あなたは何を期待するだろうか?

2015年のパリ協定に明記された1.5℃の気温目標は、最初の接触で打ち砕かれることはない。科学者たちが恐れている気候の転換点のほとんどは、地球が1.5℃より一貫して温暖化するまでは予想されていない。地球の平均気温は、現在のエルニーニョ(太平洋赤道域を中心とした自然サイクルの温暖期)が去れば、再び下がる可能性が高い。

その代わり、2024年には地球が1.5℃になる可能性がある。人間と自然にとってどのような状況になるのか、研究結果が示唆している。

危機に瀕する生態系

熱帯のサンゴ礁が危機に瀕している。これらの生息地は、炭酸カルシウムに包まれたポリプのような動物(クラゲの仲間)とカラフルな藻類のネットワークで構成されている。地球の赤道付近の浅瀬に形成されるサンゴ礁の複雑な形態は、他のどの生態系よりも多くの生物種を育んでいると考えられている。

「サンゴは特定の温度範囲で生息するように適応しているため、海水温が高すぎる状態が長期間続くと、サンゴは白化し、組織内に生息し光合成によって栄養を供給する色とりどりの藻類を失い、最終的には死んでしまう可能性があります」と、サンゴ生物学者のAdele DixonとMaria Beger(リーズ大学)、物理学者のPeter Kalmus(NASA)とScott F. Heron(ジェームズ・クック大学)は言う。

Bleachedcoral
かつては稀だったサンゴの白化は、今ではほぼ毎年のように起こっている。 (Credit: Acropora/Wikimedia, CC BY-SA 3.0)

気候変動はすでに、こうした海洋熱波の頻度を高めている。Dixonの研究によれば、世界が1.5℃暑くなれば、サンゴ礁の99%が耐えがたい暑さにさらされ、回復することができなくなり、生物多様性はもちろんのこと、およそ10億人の食糧と収入を脅かすことになるという。

サンゴ礁は、気候変動が自然界に与える影響を示す “炭鉱のカナリア”という評判を得るだろう。UCLの生物多様性科学者Alex Pigotの分析によれば、世界の気温が2℃に向かって上昇するにつれ、サンゴ礁ですでに見られるような荒廃が、他の場所でも明らかになるという:

地球温暖化を1.5℃に抑えると、15%の種が現在の地理的範囲の少なくとも3分の1を突然失う危険性があることがわかった。しかし、2.5℃の温暖化という現在の軌道では、このリスクは30%に倍増する」。

人類の許容範囲を超える暑さ

1.5℃を超えると、人類は人体の冷却能力を無視するほどの強烈な熱波を引き起こす危険性がある。

猛暑と湿度が相まって、35℃の「湿球」温度が発生することはほとんどない。これは、空気が高温多湿で、汗をかいても体を冷やすことができない温度であり、温度計が示す「乾球」温度とは異なる。

気候科学者のTom Matthews(ラフボロー大学)とColin Raymond(カリフォルニア工科大学)によれば、地球の気温上昇はこの状況を間もなく変える可能性があるという。

「モデル研究はすでに、世界が2℃の温暖化限界を超えて航行すれば、湿球温度は35℃を超える可能性があることを示していました。ペルシャ湾、南アジア、中国北部平原は致命的な湿った暑さの最前線にあります」と、彼らは述べている。

hottest day 1

しかし、世界の地域によって温暖化のスピードは異なる。平均気温が1.5℃高い世界では、あなたの住んでいる地域の気温はそれ以上に上昇しているかもしれない。

これを説明するために、MatthewsとRaymondは世界中の個々の気象観測所の記録を調査し、多くの地点が致死的な暑さと湿度のしきい値にかなり急速に近づいていることを発見した。

「1979年以来、厳しい湿球温度(たとえば31℃以上)の頻度は世界中で2倍以上に増加しており、アラブ首長国連邦沿岸地域など、地球上で最も暑く湿気の多い場所の一部では、湿球温度はすでに35℃を何度も超えています」と、彼らは述べている。

「気候の包絡線は、われわれの生理機能がついていけない領域にまで押し寄せているのです」。

我々に残された時間は?

1.5℃を超えると、種の絶滅や猛暑が起こりやすくなる。壊滅的な嵐や氷床の崩壊もそうだ。

これらの恐怖を回避するためには、地球を暖める温室効果ガスの排出をなくす必要があり、それは世界中のエネルギー使用の80%を占める石炭、石油、ガスを速やかに廃止することを意味する。

air pollution
化石燃料からの炭素排出量は 2024 年も増加し続けるのだろうか。

どのくらい速いのか?10月に発表された最新の推計によれば、実に速い。

「人類が地球温暖化を1.5℃に抑える可能性を五分五分と考えるなら、あと250ギガトン(10億トン)のCO₂しか排出できない」と、リーズ大学の気候・大気科学者Chris Smithとインペリアル・カレッジ・ロンドンのRobin Lambollは言う。

「実質的に世界はネットゼロに到達するまでにわずか 6 年の猶予しかないのです」。


本記事は、Jack Marley氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Global heating may breach 1.5°C in 2024 – here’s what that could look like」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする