2022年のSSD出荷台数、消費者需要の低迷により10%減少

masapoco
投稿日
2023年11月22日 18:02
Samsung 990 Pro PCIe Gen 5 SSD 1 low res scale 4 00x 1480x888 1

2022年におけるグローバルSSD出荷量は、前年比で10.7%の減少を見せた。この減少は、特に小規模サプライヤーに大きな影響を与え、総出荷量は1億1400万ユニットに留まった。2021年に生産を妨げていたマスターコントロールICの供給問題が解決されたにもかかわらず、このような結果となったのだ。

市場調査会社TrendForceによると、上位5つのSSDブランドは、高性能・大容量SSDの価格低下に伴い、市場シェアを53%から59%に拡大した。レポートでは、市場の減少の具体的な理由については明示されていないが、PCおよびコンピュータハードウェア市場の縮小に伴い、SSDへの需要が弱まったことは明らかだ。

だが2022年の第3四半期末には、NANDフラッシュサプライヤーによる積極的な生産削減が行われ、セクター全体の価格上昇につながり、市場センチメントが「急速に好転した」とのことだ。

上位3つのSSDブランドは、Kingston、ADATA、Lexarであり、特にKingstonはグローバル市場で28%のシェアを占めている。他の2社はそれぞれ9%と8%のシェアを有している。Kimtigo、Netac、Colorful、PNY、Teclast、Gigabyte、Transcendがトップ10に名を連ね、残りのブランドが市場シェアの24%を占めている。

2023年に関しては、大手メーカーが引き続き市場を支配する可能性が高いものの、グローバル経済の低迷により市場全体が停滞する可能性がある。しかし、年初からの統計については言及されておらず、市場が2022年の低迷から回復したのか、あるいはパンデミック前のレベルに戻るのに苦戦しているのかは不明だ。

過去数年間、SSDの価格は徐々に低下しており、消費者は古い機械式HDDからのアップグレードや、新しい高容量SSDの追加が容易になっている。しかし、サプライヤーがNANDフラッシュの生産を削減したことで、ここ最近では価格が安定し始め、年明けからは値上がりの噂も出ている。そのため、新しいSSDを購入を考えている人は、ブラックフライデーからサイバーマンデーのセール期間中に購入することが推奨される。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • stable video diffusion hero
    次の記事

    Stability AI、テキストや静止画から動画を生成する「Stable Video Diffusion」AIモデルを発表

    2023年11月23日 6:41
  • 前の記事

    OpenAI、Sam Altman氏のCEO職復帰を発表

    2023年11月22日 16:18
    openai
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • gen5 ssd 20240326 1

    MSI、読み込み14.6GB/秒、書き込み12.7GB/秒のPCIe 5.0 SSD「Spatium M580 Frozr」を発表

  • InnoGritt SSD Controller 1

    中国製RISC-V PCIe 5.0 SSDコントローラがファンレスで最大14.2GB/秒を実現

  • pi number

    円周率計算の世界記録が更新、小数点以下105兆桁までが求められる

  • NVMe M.2 SSD

    NANDの減産がSSDの価格上昇に繋がり、2023年第4四半期のメーカーの収益が25%増加

  • crucial t705

    Crucial、読み取り14.5GB/秒の爆速PCIe 5.0 SSD「T705」を発表

今読まれている記事