Snapdragon 8 Gen 3は、製造プロセスで優位なはずのA17 Proよりも電力効率の面で優れている

masapoco
投稿日
2023年10月10日 10:02
qualcomm snapdragon edd8

iPhoneに搭載されているAppleのカスタムチップ「Appleシリコン」がAndroidチップに圧倒的な優位性を誇っていたのは過去のことになって来ている。新たなリークによれば、Qualcommの最新フラグシップチップ「Snapdragon 8 Gen 3」は、電力効率の面でAppleの最新チップ「A17 Pro」に、製造プロセスの差にもかかわらず30%も優位になっているとのことだ。

リーカーのRevegnus氏の情報によれば、Snapdragon 8 Gen 3はA17 Proよりも30%電力効率が向上すること、また、GPU性能に関しては、Snapdragon 8 Gen 3のAdreno 750 GPUが、AppleのA17 Proに対して60%近い性能差を示す可能性があるとしている。

AppleはA17 Proの発表に際し、レイトレーシング性能がA16 Bionicの4倍高速であるとしていたが、ラスタライズ性能については触れていなかった。レイトレーシングについては、まだ対応アプリケーションが少ないこと、Androidフォンにも対応した物が少ないこともあり、比較が難しいが、この分野でSnapdragon 8 Gen 3がどのような結果を出すのか興味深い。

また、電力効率に関して言えば、Qualcommは、パフォーマンス・コアのクロック速度を上げると電力漏れが大きくなり、消費電力が急上昇する可能性があるため、バッテリー寿命で優位に立つために次期SoCのCPU性能を低下させた可能性がある。MediaTekはこの面で、Dimensity 9300において、ある程度省電力性能を犠牲にしてでもピーク性能を追求した可能性もある。

今年のA17 Proは消費電力がかなり高いという報告があるが、これはA16 Bionicに対してシングルコアとマルチコアで意味のある差をつけるために意図的に実装された可能性が高い。QualcommがSnapdragon 8 Gen 3で培ったチップ設計技術を駆使して、どの程度Appleに対抗するのか見物だ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • data centre 2
    次の記事

    中国、2025年までに300エクサフロップスの演算能力達成を計画

    2023年10月10日 11:10
  • 前の記事

    AMD幹部、Intelのファウンドリ事業は失敗すると発言

    2023年10月10日 8:46
    semiconductor wafer
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • apple iphone 5g

    Apple、未発表のアプリやVision Proに関する情報をリークした疑いで元従業員を提訴

  • Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018

    新型iPad ProとiPad Airは5月初旬の発売になる可能性が報じられる

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

今読まれている記事