あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

SK hynix、世界初の321層・1Tb TLC NANDでさらなる進化を遂げる

SK hynixはフラッシュメモリーサミット2023で321層のTLC NANDメモリーを展示した。300層を超える3D NANDを公にデモしたのは、NANDメーカーとしては韓国企業が初めてだ。SK hynixは業界で初めて300層以上のNAND開発の進捗状況を詳細に公開し、321層製品の完成度を高め、2025年前半に量産を開始する計画だ。

今回披露された321層3D NANDメモリーは、TLCアーキテクチャで1Tb(128GB)の容量を誇るが、SK hynixはインターフェース速度など他の詳細については明らかにしなかった。一方、同社はこのチップについて、512Gbの238層3D TLCデバイスと比較して生産性が59%向上しており、ウェハ当たりの記憶密度が大幅に向上していることを強調している。新しい製造技術が3D NANDのビットあたりのコストを大幅に削減するかどうかは不明である。

SK hynixは、321層3D NANDプロセス技術の実力を示すために1Tbの3D TLCデバイスを使用することは良い兆候かもしれず、同社はこのノードで大容量3Dデバイスを製造するつもりである。この可能性は、既存のプロセスノードと比較してビットあたりのコストが削減されることを意味する。これは、より大容量のSSDや他の3D NANDフラッシュベースのストレージデバイスのための舞台を設定する。

詳細は不明だが、321層チップは2つの260層クラスのチップから構成されているのか(ストリングスタッキング)、それとも製造上の課題が多い1つの積層デバイスなのかが推測されている。SK hynixの238層チップは2つの119層コンポーネントの組み合わせであることを考えると、ストリングスタッキング技術はもっともらしい。

SK hynix 321 layer 4D NAND 02
(Credit: SK hynix)

SK hynixの321層3D TLC NANDデバイスは、ダイ・スペースを節約するためにNANDロジックをメモリ・セルの下に配置する同社のCMOSアンダー・アレイ・アーキテクチャを引き続き採用しているため、SK hynixはこれを4D NANDと呼んでいるが、これはマーケティングのための名称だ。

SK hynixのNAND開発責任者であるJungdal Choi氏は基調講演で「積層限界に対処する新たなブレークスルーにより、SK Hynixは300層以上のNANDの時代を開き、市場をリードする」と述べた。「高性能・大容量のNANDをタイムリーに導入することで、AI時代の要求を満たし、イノベーションをリードし続けるよう努力する」と述べた。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする