あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

大人から子どもまで、誰もが就寝前にベッドの中でスマートフォンをチェックした事がある(もしくは現在もしている)だろう。こうした行為の影響は多くの研究が行われているが、それが思春期の子ども達の睡眠に影響を与えている可能性はあるのだろうか?

『Sleep Health』誌に掲載された新たな研究によると、寝室にテレビやインターネットに接続された機器があると、青少年の睡眠パターンに支障をきたす可能性があるとのことだ。

睡眠は健康にとって非常に重要であり、特に子供や青少年の感情、認知、身体の発達に関しては大きな役割を占めている。思春期の質の高い睡眠の欠如は、体重増加、認知機能の発達不良、社会情緒的な困難と関連する可能性がある事が多くの研究からも明らかになっている。

思春期における睡眠の重要性にもかかわらず、10代と10代前の子どもたちは、スクリーンタイムなど、睡眠を妨げる最大の社会的・環境的要因の影響を特に受けやすい。これまでの研究で、スクリーンタイムと睡眠不足との関連は指摘されていたが、本研究では、スクリーンタイムと睡眠とのより具体的な関連、特に就寝時の電子機器の使用に関する関連を探ろうとした。

Jason M. Nagata氏らは、本研究のために、米国内の21の施設から11,878人の子どものコホートを追跡調査した縦断研究のデータを利用した。本研究で使用したデータは、データ収集の2年目のもので、年齢は10~14歳だが、ほとんどの参加者が11~12歳であった。

本研究では、10,280人のデータが使用された。参加者は、就寝時のスクリーン使用、全体的なスクリーン使用、睡眠の成果、睡眠障害に関する測定に取り組んだ。また、性別、人種、民族、年齢、世帯収入、両親の教育レベルなどの社会人口統計学的情報も収集された。

その結果、就寝時刻前におけるスクリーンの使用は、青年期初期の自己申告による入眠・睡眠維持困難と関連し、青年期には介護者の申告による睡眠障害とも関連することが示された。スクリーン活動には、テレビ視聴、ビデオゲーム、ソーシャルメディアの利用、テキスト送信、電話での通話が含まれる。

男の子も女の子も、寝る前にスクリーンを使用すると睡眠障害を経験し、特に寝室にテレビやインターネットに接続された機器がある場合は、その傾向が見られた。

ほとんどの青少年が寝室に電子機器を置いており、半数強が夜間電源を切っていたと報告している。また、スマートフォンの着信音を鳴らしたままにしておくと、電源を切った場合と比較して、より睡眠に問題が生じることがわかった。睡眠中に電話やメール、電子メールで起こされた青少年や、スマートフォンの着信音を一晩中鳴らしたままの青少年は、入眠や睡眠維持の困難さがより高いレベルにあることが判明した。

研究者は、スクリーンから発せられるブルーライトは、眠気を誘うメラトニンというホルモンを抑制し、睡眠の遅れや障害につながる可能性があると指摘している。その他、デバイス上のコンテンツやアクティビティ、振動、通知音やライト、睡眠環境としての寝室の関連付けの少なさなどが、睡眠障害の要因になる可能性があるとしている。

興味深いことに、寝る前の読書(読書のための電子機器の使用を含む)は、今回の研究では睡眠問題との関連性を示さなかった。しかし、寝る前の読書が睡眠に有益であるかどうかを確認するためには、さらなる研究が必要であると研究者は述べている。

本研究は、青年期初期のスクリーンタイムと睡眠の関係の具体的な理解を深めるための一歩となった。にもかかわらず、注意すべき限界もある。そのひとつは、スクリーンタイムの測定が自己申告によるもので、客観的な測定に比べ信頼性が低いということだ。また、縦断的な研究から得られたデータとはいえ、この研究は横断的なものであるため、結果からカジュアルな関係を推し量ることができないことだ。

「本研究は、青年期初期のスクリーン使用行動とそれに関連する睡眠の結果についての理解を深め、就寝時間前後のスクリーン使用を制限することが、これらの人々の睡眠管理に役立つ可能性を示唆している」と、Nagata氏らは結論付けた。


論文

参考文献

研究の要旨

目的:青年期前半を対象とした全国調査において、就寝時のスクリーンタイム行動と睡眠のアウトカムとの関連を明らかにする。

方法:思春期脳認知発達研究(2年目、2018~2020年)の10~14歳の青年初期10,280人(女性48.8%)の横断データを分析した。回帰分析では、性別、人種/民族、世帯収入、親の学歴、うつ病、データ収集期間(COVID-19流行前と流行中)、研究サイトを制御して、自己申告による就寝時のスクリーン使用と自己および介護者申告による睡眠障害症状などの睡眠指標との関連性を調べた。

結果:全体として、青少年の16%が過去2週間に少なくとも何らかの入眠または睡眠維持の問題を抱えており、28%が全体的な睡眠障害を抱えていた(介護者の報告に基づく)。寝室にテレビまたはインターネットに接続された電子機器があった青年は、入眠または睡眠維持に問題があるリスク(調整リスク比1.27、95%CI 1.12-1.44)および全体的な睡眠障害(調整リスク比1.15、95%CI 1.06-1.25)の高いことが示された。携帯電話の着信音を一晩中鳴らしたままにしていた青年は、就寝時に携帯電話の電源を切っていた青年と比較して、入眠・睡眠維持に問題があり、全体的な睡眠障害も大きくなりました。映画のストリーミング再生、ビデオゲーム、音楽鑑賞、電話での会話・メール、ソーシャルメディアやチャットルームの利用はすべて、入眠障害や睡眠障害と関連していた。

結論:いくつかの就寝時のスクリーン使用行動は、青年期初期の睡眠障害と関連している。この研究結果は、青年期初期の特定の就寝時のスクリーン使用行動に関するガイダンスに役立つ。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする