Samsung、2025年までに次世代HBM4メモリを発表へ

masapoco
投稿日
2023年10月13日 18:29
Samsung HQ Image

Samsung Electoronicsは2025年までにHBM4メモリーを量産する計画を発表し、製造サービスを多様化して業界のニーズに応えようとしている。

Samsung ElectoronicsのDRAM製品・技術チーム長であるSang Joon Hwang氏は、Samsungのニュースルームのブログ記事でこの展開を明らかにし、同社がメモリ部門を昇格させる計画であると主張した。以下は、HBM分野におけるSamsungの過去の開発について、同部長が明らかにした内容である:

Samsungは、HBM2EとHBM3を量産し、9.8ギガビット/秒(Gbps)のHBM3Eを開発しました。このHBM3Eは、HPC/AIエコシステムを充実させるため、まもなく顧客へのサンプル提供を開始する予定です。

将来的には、非導電性フィルム(NCF)アセンブリやハイブリッド銅接合(HCB)など、高い熱特性に最適化された技術を開発中で、HBM4は2025年までに導入される見込みです。

この投稿で提供された情報によると、SamsungはHBM3メモリ・プロセスについて、NVIDIAを筆頭に、潜在的な顧客からすでに関心を集めている。生成AI開発の流入に伴い、関連ハードウェアの要件は新たな高みに達しており、そのためHBM3のような必要なコンポーネントの需要が急速に高まっている。

NVIDIAはサプライチェーンの多様化を図っており、AIアクセラレーターのDRAM需要を満たすのに十分な設備を持っているSamsungが重宝されている。

現行世代の進歩とは別に、Samsungは次世代HBM4プロセスの急速な進歩も計画しており、2025年までにデビューする予定だ。メモリの種類に関する具体的な詳細は不明だが、SamsungはHBM4が「非導電性フィルム」と「ハイブリッド銅ボンディング」を特徴とすることを明らかにしている。HBM4はまさに、次世代AIアクセラレーターへの移行を示し、業界の計算能力において新たな扉を開くことになるだろう。

Samsungは、特にチップパッケージング設備の開発にも注力していることから、「際立った」サプライヤーになりつつある。同社が潜在顧客の信頼を得ることに成功していることを考えれば、今後数年のうちにSamsungのメモリー部門が復活する可能性がある。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • activision blizzard king joins xbox
    次の記事

    Microsoft、ついにActivision Blizzardの超大型買収を完了

    2023年10月14日 4:18
  • 前の記事

    MicrosoftによるActivision買収が最後のハードルをクリア、10兆円の大型買収がついに実現か

    2023年10月13日 18:24
    the microsoft logo on the exterior of an office building
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • SK hynix Begins Mass Production of Industrys First HBM3E 2

    SK hynix、40億ドルという世界最大級のメモリパッケージング施設を米インディアナ州に建設の計画

  • UXL logo

    NVIDIAのAI市場支配からの脱却を目指しGoogle、Intel、Qualcommらが協力

  • broadcom xpu

    Broadcomが大量のHBMを備えた巨大チップパッケージを披露

  • sk hynix complex fab image

    SK hynix、「世界最大のメガファブコンプレックス」に総額13兆円を投資、2027年に最初のファブが稼働へ

  • micron hbm3 gen24

    Micron、HBM3Eメモリの旺盛な需要を報告、2025年製造分の大半までが既に完売と発表

今読まれている記事